liberatio

投稿日:2019/12/30 22:31:21 | 文字数:545文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

解放

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Intro】
こんなにこんなに あいしているのに

【A】
3度目の冬 告げられた言葉に 思考が止まった
何度聞いても 返ってくるのは 同じ返事だね

【B】
あんなに積み重ねた愛が 嘘になっていく
こんなに透き通った想いが 黒になっていく

【サビ】
嫌 嫌 そんなの嫌
ぐさりと刺した言葉を左にひとひねり
私の話も 聞いてちょうだい
ほら ほら 静かにして
ふたり 寄り添って ちゃんとこれからの話をしましょう


【A】
銀色の蓋 お気に入りのコーヒー 覚えてしまった
金色の蓋 コーヒーが飲めない私の 覚えてるかな?

【B】
こんなに刻んだ記憶が 無意味になる
どんなに喜んだ事も 白紙になる

【サビ】
でも まだ 今夜だけは
かちゃりと挿した鍵をくるり時計回り
あなたの言い分 聞いてあげる
もう もう 遅いから
冷たくなった身体に毛布をかけておやすみなさい

【C】
話さなくなったあなたこそが私に愛を誓っているように思えた

【サビ】
ねぇ ねぇ 聞いてくれる
ひやりとする手に手をそっと重ねて
この気持ちは本当だった
もし また 出会えたら
今度はあなたに殺されるくらい愛されてみたいわ

【Outro】
こんなに こんなに あいしていたのに

好きな曲を楽しく歌わせていただいております。
http://www.nicovideo.jp/mylist/30307865

icon⇒苺ろみるく様

つらつらと気ままに書いた歌詞を置いておきます。
曲をつけてみたい!という方はぜひお声がけ下さい。
是非歌わせていただけたらとも思います。
仮歌依頼も受け付けております。
※上記全てTwitterDMまたはメールにて【事前に】ご相談ください

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP