咲いた夏唄

投稿日:2010/11/13 11:12:01 | 文字数:282文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:その他

ライセンス:

古いものリサイクル。学生時代に書いたもの。

個人的にはリンちゃんってひまわりのイメージがあります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

はぐれた花弁が沈んでいったのは既に昨日のことなのだ よ、と

そしてその様を
笑顔で見送ったのは間違いなく 燃えた赤い火だけ。


一緒に沈んだ
真赤の時間。


見据えた太陽は優しい顔をしていながらも、

ただ枯れていく様を愉しげにわらう。


「君の命は輪廻する」


なんて、

今更な話は
どうかもう
しないで

私はアナタに 恋をする

私はアナタだけを 視てる


根を張る痛みと

季節のイタズラ。




薄くて寒い雲に身体を蝕ませて

飲み込んだ虫は ホントはとっても優しいの。

溜め息ばかりが青空を燃やす、




そんな私の名は

向日葵。

厨二病がなおらない。。。もとい、治さないのだ。



ないとは思いますが、万が一使えそうなものがあったらどうぞお好きにお使いください。
その際には事後で良いのでご報告をお願いします。御手数をお掛けしますがよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP