夏の風

投稿日:2018/08/20 22:58:05 | 文字数:264文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

龍徹様の曲に歌詞を書かせて頂きました。
https://piapro.jp/t/lDop
失恋の想いを夏の終わりと共に流してしまう、という内容です。イメージに反していたら申し訳ございません。
修正等、何でも承ります。
ご選考よろしくお願いいたします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寂しさと切なさが
海の端から端を
リボン結び 解けなくて
波 物思い色

いつか隣歩いた
君の足跡探し
砂の城を 壊してく
空 泣き腫らし色

素直な気持ちも
君に届けられず
苦い後悔ごと季節に綴じて

走り書きの言葉も
逃げ出した日に
捨てた靴も
散らかる儘置いてた
君への想い焦がれも
夏の色に浸して
背中の方へ送り出そう
まだ見れない記憶が
綺麗な風になるまで

口に残る名前も
幻想描く
まぶた裏も
心の奥消えない
君への想い焦がれも
この夏から温もりが離れたら
世界のすべてじゃなく
掌に乗る欠片に
星の一つになるかな

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。龍徹です。
    この度は私の曲に応募いただき、ありがとうとざいました。

    歌詞を熟読させていただきました。
    私が思ったことを伝えさせていただきます。

    Aメロの"波 物思い色"、"空 泣き腫らし色"
    サビの"~も、~も、~も、"といった、韻や統一された表現から、印象に残りやすい歌詞だと思いました。

    特にサビ部分の"~も、~も、~も、"といった表現は、言葉の勢いがあり私個人的には好みの表現でした。

    歌詞全体を見てみても、冒頭にある"寂しさと切なさ"を一貫して感じさせる内容となっており、感情が真っ直ぐに伝わってきました。

    また、機会がありましたら宜しくお願い致します。

    2018/08/28 01:52:12 From  龍徹

▲TOP