幻想的な景色

投稿日:2019/02/18 02:17:41 | 文字数:299文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Yonetさんの曲への歌詞応募です。
https://piapro.jp/t/th_U

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雪国にある街へと夜着いた 電車降り駅の出口向かうと
雪は相変わらず降り続けてる 図らずも苦笑いを浮かべた
目指す宿はここから少し遠い 覚悟決めて雪中歩き出す
嗚呼顔の所へ落ちてくる雪は とても冷たい
嗚呼だけど雪が降る景色は 幻想的でもあると

歩道にも新たな雪降り積もる その上を歩いていくひたすら
雪を踏み締める時の足音も 微妙にね違いあると感じた
目指す宿はもうすぐ着くけれども 少し歩くのもいいそう思った
嗚呼服の隙間へ入り込む空気 とても冷たい
嗚呼だけど雪が降る眺めは ファンタスティックでもあると

嗚呼顔の所へ落ちてくる雪は とても冷たい
嗚呼だけど雪が降る景色は 幻想的でもあると

主に作詞活動をしています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミクV4X】幻想的な景色【オリジナル】

    by Yonetさん

▲TOP