アラーム

投稿日:2019/09/22 01:40:26 | 文字数:477文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

本当は午前中に起きれないって曲にしたかった

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

小さい頃にずっと母が使っていたあの電子音
お守りみたいにそれを今も使ってる

a肌寒い部屋に鳴り響く音
慣れた操作でかき消して
聞こえなかったふりをしたけど
うるさいうるさいやめないで

bAM八時、八時半を過ぎ
針は止まらない

s抱え込んだ感傷も
丸めこんだ手足も
行き場のない僕そのもの
午前中のない毎日に
泣きたくなる毎朝に
嫌気はさしているのに


a体に馴染んだその音が
ただ耳をすり抜けていく
応えることも出来ないままに
悲しい悲しい気持ちだけ

bAM十時、十時半を過ぎ
針は戻らない

s抱え込んだ諦めも
押し込んだ不安も
蹲ってる僕そのもの
午前中なんか最初から
無かったと言い聞かせて
カーテンを開ける十二時

繰り返されるその音を遠くに聞けば
懐かしい気持ちで世界が揺れる

s嘆き続ける毎朝と
閉じこもりの僕にも
聞こえてくるアラームの音
夢見続ける毎晩を
望み続ける毎朝を
諦めさせてアラームの音

s抱え込んだ感傷も
丸めこんだ手足も
行き場のない僕そのもの
午前中のない毎日に
泣きたくなる毎朝に
別れを告げるアラームの音

基本作詞をしています、新しい事にもどんどんチャレンジしたいです。ざっそうのように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!
全体的に絶賛曲募集中!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP