狂乱シニシズム

投稿日:2015/06/03 14:07:08 | 文字数:609文字 | 閲覧数:130 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ロック調なイメージで.

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
雨上がり濡れたアスファルトに
絡まる騒音払い除けた
午前4時刻んだ秒針は
僕らを僕を嘲笑う
B
机上の空論並べただけの
計算済みの反射率に
予め決まったボーダーライン
当たり前だって顔してさ
S
この狂って狂って狂った世界で
僕は別に何か大層なことを
望んで願っていたわけじゃない
そんなありふれた言葉も無くて

A
黒板の上の文字の羅列
固まる思考が厭になって
午前5時反転する世界
切り捨てられた選択肢
B
溢れる言葉に耳を塞いだ
人ごみの中出した答え
ヘッドフォンかけて気付かないふり
ああそうさ だって確かに
S
ここは狂って狂って狂った世界で
僕は別に何か大層なことを
望んで願っていたわけじゃない
そんなありふれた言葉さえも
S
この狂って狂って狂った限界に
疲れたんだ もう消え去りたいよ
聞き慣れたフレーズに
ただ苦さを噛みしめた

C
二つに割れた砂時計
零れた記憶消し去った
ひびの入った空間に
覚えた違和感越えられるのかい?

S
机上の空論並べただけの
計算済みの反射率に
予め決まったボーダーライン
ああそうさ だって確かに

S
ここは狂って狂って狂った世界で
僕は別に何か大切なものを
忘れて捨て去っていたわけじゃない
そんなありふれた言葉は消えて
S
僕は狂って壊れた壊した関係に
疲れたのかな もう終わらせてくれ
聞き飽きたフレーズに
ただ苦さを飲み干した

作詞と一応アナログで絵師をしております。
別名:くるいP
依頼は受験が終わり次第受付を再開する予定です。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP