箱庭の主~箱庭の少女の父視点~

投稿日:2008/08/17 23:08:11 | 文字数:379文字 | 閲覧数:439 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

mothyさんに許可をいただき、掲載します。

歌わせていただけるなら嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この部屋の中には
僕ら二人だけ
二人で歌を歌い続けよう

外の世界なんて
知らせたくない
僕がそれを望むから

君は僕を父と呼び
僕は君を娘と呼んだ
麗し君を愛する僕は
部屋を贈り物で埋め尽くしてあげた
母のグラスに父のスプーン
弟妹達の二対の鏡

この部屋の中には
僕ら二人だけ
二人で歌を歌い続けよう

外の世界なんて
知らせたくない
僕がそれを望むから

暗い寝室に一つの窓
それが僕にとって癒しの空間
僕は君を愛でてはいても
真実を伝えず今まで過ごした

部屋の小物は僕を責める
どうして何も教えないのか

るりらるりらと君は歌うよ
外の世界には聴かせないように
僕の為だけに歌っておくれ
君がそれを望むなら

ついに伝えた『戦争』という事実
君だけ残して生きたくはない

燃えつきた屋敷から見つかったのは
天涯孤独の息子に
家族の代わりの綺麗な歌姫

とにかく初心者です

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP