須藤さん

イチオシ作品

夏空メモリー

◇ A 八月一日、この日は 僕と君が出会った日 新緑の畑突っ切って 青空の下 立っていた B 八月十日、この日は 傘を持って歩いていた 水溜まりを踏んづけて 虹の端を見ようとした C 「もしもこの夏が終わってしまうのなら 私はきっとまたひとりぼっちだね」 S 小さな小さなひと夏の大冒険 どこかで風鈴が優しく鳴っていた 暗くなる前に帰らなきゃいけないけど もう少しだけ君といたいな ◇ A2 八月十五日、この日は 静かな時間が流れていた 煙の向こうに消えていった どこかの家の誰かさん B2 八月二十日、この日は 暑い中で伏せっていた 縁側置かれたひまわりは 一体だれの仕業だろう C2 「いつかまた君に出会える日があれば  私ともう一度遊んでほしいんだ」 S2 小さな小さなひと夏の大冒険 どこかでヒグラシがひとりで鳴いていた もうすぐ帰ること話した どうしてだろう 君は少しだけ悲しそうだった ◇ A3 八月、最後の一日だ 来年もまた遊ぼうね 指きりげんまん 約束だ だけど君は泣いていた S3 小さな小さなひと夏の大冒険 いつの間にか君が見えなくなっていた もう二度と会えないの どこかに行ってしまったの 君の名前はなんだったっけ? ◇ A4 八月 今年もやってきた 大人になってしまったな またあの頃みたいに ふたり遊べるといいな ひまわりの花束持って 君に会いにいくよ

1ヶ月早いけど書きました。
少年少女の思い出の話。

Aメロ、Bメロ、Cメロ、サビ。
◇は間奏です。
投稿日時 : 2021/07/05 20:40

最近の投稿作品 (8)

▲TOP