lunarさん

 lunarと言います。全くのド素人ですが、よろしくお願いします。絵も描きますが、載せ方が分からないので(←)しばらくは駄文のみになるかと思います。

lunarさん

lunarさん

flo_ra

 lunarと言います。全くのド素人ですが、よろしくお願いします。絵も描きますが、載せ方が分からないので(←)しばらくは駄文のみになるかと思います。
 因みにlunarは“ルナ”と読んで下さい。英語的な本当の発音は“ルーナ”らしいですけど。




 










 私事ですが、アメブロ始めてみました。

 http://ameblo.jp/pkmn-vcl-th/ 

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(7)

  • ひなずきん〈雛姫〉
  • 翔破
  • かりん
  • 囮 
  • 音坂@ついった
  • planetype
  • リオン

フォロワー(25)

  • 癒乃
  • Mira
  • シヲンヌ
  • あかりの
  • 游‐ユウ‐
  • Evar+Green 【 P&P 】
  • sinne-キョノリ@戻ってくる努力中
  • 零奈@受験生につき更新低下・・・
  • タナキトゥス
  • kirara
  • 神崎日色
  • 彼方

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

その夢はまるで悪夢の様で

 夢を見た。その内容は詳しくは覚えていないが、とても悲しい―ある意味恐い夢だった事だけは覚えている。  ふあ、と欠伸を一つしてホワイトは手早く寝袋を畳み始める。夢の事は夢の事だ。忘れてしまえば良い。それにお誂え向きに夢の内容は余り覚えていない。このまま忘れてしまえば良い――――・・・ そう思いながらホワイトは寝袋を鞄の中に仕舞い、支度を終えると再び旅の続きに出ようと歩を進めた。が、直ぐにその足はピタリと止まった。 「あ、ホワイトじゃん」  こんな所で野宿だったのか? そう聞こうとブラックは口を開いたが、その声は え、と言う驚きの声になってしまった。    ポロポロ、ポロポロ。  ホワイトの瞳から大粒の涙が零れていた。真珠と見紛う様な、大粒の涙が。 「お、おい・・・。ホワイト、何があった? 何かされたか?」  少し慌てた様子で、しかし柔らかい優しい口調でそう問い掛けてくるブラックの言葉にホワイトは涙を己の手で拭いながらも首を横に振った。 「・・・っ、め、見た・・・」 「ん? 今何つった? もう一回」  聞き取れず再び問い掛けてくるブラックの方を涙目で見据えながら、ホワイトは言った。 「めっ・・・、ゆめ、みたの・・・! その、ないよ、う、思い出したの・・・!」  そう言ったホワイトの身体は微かに震えていて、直ぐにブラックは恐い夢を見たのだろうと直感した。 「で、その夢の内容って?」  ブラックがそう問い掛けると カァ、とホワイトの頬が赤く染まる。が、ブラックは其れに気付かない。どうも涙のほうに目がいっている様だ。其れは幸か不幸か。 「・・・・・・・・・・・・が、・・・・・・・・・の事、忘れる夢・・・・・・・・・」 「え、誰が誰の事忘れる夢?」  聞き取れない箇所があり、ブラックが再度問い掛けるとホワイトはあらかさまに顔を赤らめ、先程の弱々しい態度とは一転、何時もの態度に戻ると、 「べっ・・・、別に誰だって良いでしょ・・・!」  そう言うとブラックを押し退け歩き出した。  歩きながらホワイトは己の口元を自らの手の平で覆う。 (・・・、言える訳無いじゃない・・・)  夢の内容をはっきりと思い出したホワイトは更に顔を赤らめた。 (――ブラックがあたしの事を忘れちゃった夢、なんてさ)

如何も御久し振りです。生きてます。アメブロに入り浸りまくりです。
多分ブラホワ。ホワイトツンデレ。ツンデレを書けてるか凄く不安になるけど。
多分・・・大丈夫だよね? セーフだよね? ネタ的な意味で←

危なくなったら消します。

もっとみる

投稿日時 : 2011/06/13 19:27

最近の投稿作品 (181)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP