アリサさん

アイコンは熊シーツ様から頂きました http://piapro.jp/t/s0CQ

アリサさん

アリサさん

kuroari

アイコンは熊シーツ様から頂きました http://piapro.jp/t/s0CQ



書けるときに、もそもそ書きます
最近は忙しくて更新スピード落ちてますが

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(49)

  • 織瀬
  • ガガ
  • endlesscat
  • マトリョーシカ@プロフ必見
  • なのこ
  • じん
  • べる
  • グレ椅子
  • manbou_ane
  • 家の裏でマンボウが死んでるP
  • ゆるりー
  • 遥 

フォロワー(21)

  • wendy
  • ふゅーちゃー
  • ねむりあ
  • 姉音香凛
  • ソラ
  • 糸色【itosiki_zetu】
  • 美里
  • ゆるりー
  • 紀風
  • water
  • お昼寝気分
  • 美亜 瑠璃

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ピエロ ……(絵師には生まれ変わってもなれないアリサ)…………

「どうしたの?」 目の前の少女は答えない 「何か嫌なことがあったの?」 少女は蹲る 「僕にできることはないかな?」 僕は笑顔だ 「あのね、あのね……」 君が泣いてるその時は その分僕が笑ってあげるんだ 「あー、またこんなに破いてー」 誰かさんの声が響く これは叱られてるっていうことなんだろうなぁ でも僕は笑顔 「いやぁ、ごめんなさい」 「ちょっと転んじゃってー」 えへへと笑う僕に厳しい目つきの誰かさんだけど、納得してくれたみたいだ 人を笑顔にしてあげるのが僕のお仕事 だからその為ならどれだけ体を張っても構わない どれだけ転んでも どんなに痛くても どれほど馬鹿にされても それを嫌だなんて思わない だってそれが僕の喜びだから 敗れた衣装をチクチク縫って修復ができたら 今日も舞台が待っている 僕の役目はおどけて皆を笑わせること 皆を驚かせるのはもう一人の役目 僕はダメダメな役なんだ どうして僕がこっちの役になったのかは分からない だけど思うんだ きっと神様がそういう風に僕を見込んでくれたんだって ほら 暗い風には考えたくないからさ まずはボールに乗って僕が出て行く 最初は順調にころころって転がすんだ でも舞台の真ん中辺りに来たところで足を滑らすんだ そうすると僕はドシンって地面に落ちることになる 皆笑ってくれる 僕も笑う 気を取り直してボールに乗ろうとする でもこれって結構大変なんだ ボールってかなりの大きさだからさ これまた失敗 また皆笑ってくれる 僕も笑う そしてションボリしたふりをしてボールを押して舞台袖へ それと交代にしっかりさんが出て行く 席からは歓声が上がる 羨ましいなんて思わない だってこれが僕に任せられたお仕事だから 全部終わったら全員で舞台に出る そこには太った団長さんから小さな子供まで 皆それぞれの役目を果たして此処に居る ふと目に入った女の子 何故この時に目に入ってきたのかは分からない きっとこういうのを『運命』とかそういう曖昧な表現で表すんだろうな 女の子――君――は笑ってなかった とっても悲しい顔をしていた どうして? 僕はそれを問いかけることが出来ない あまりにも遠すぎるから 僕は君に会えない 僕は君を知っていても君は僕を知らない どうしてかな 君はそんなにも悲しい顔をしているのにね 横に居るパパとママは笑っているよ 君に何かを話しかけてる 僕のことを指差してるのかな? 「ほら、あのピエロさんを見てごらん?」 「とっても可笑しい顔をしてるわね」 そんな声が聞こえた気がした 悲しい顔の君と目が合った ……気がした 外に出ると君が居た パパとママは居なかったけどね 「どうしたの?」 君は潤んだ瞳で僕を見つめてくる 「何か嫌なことがあったの?」 その目には涙が溜まり…… 「僕にできることはないかな?」 泣き出してしまった 「あのね、あのね……」 「……痛くないの?」 予想外の言葉だった それは僕に対して言ってくれてるのかな 「お兄さんはいっぱい転んでいっぱい転んで頑張ってるのに」 「ぱちぱちをいっぱい貰えたのは痛くないもう一人だったよ」 「ねぇ、痛くないの?」 「嫌じゃないの?」 「私だったら嫌だよ?」 「可哀想だよ……」 そんなことないよ 僕はねそれが嬉しいんだから 「そんなの……おかしいよ」 おかしくないんだ 僕は、僕が痛くても皆が笑ってくれればそれで良いんだよ 「私は嫌だ」 「私は、頑張ったなら頑張った分だけ皆に認めてもらいたい」 「だってそんなの可哀想だよ」 「嫌だよう……」 君は優しいんだね 「そんなことないよ……」 じゃあどうして僕のことで涙を流してくれてるのかな? 「それは、可哀想だから……」 そう思ってくれてるそのことが、優しいってことなんだよ それに僕は可哀想じゃない だから泣くのを止めて? 「だ、だめだよ……」 「貴方は頑張ってるんだよ……」 「それを認めてもらわなくちゃ……」 十分認めてもらってるよ 「違う、違う……」 「こんなの違う……」 違くないよ 「嘘はさ」 「好きじゃないよ」 「それにこの嘘は悲しい嘘だよ」 嘘なんて一つも吐いてないよ 「おかしいよ……」 「嫌だよ……」 「誰かに探し出して欲しい」 「誰かに……」

前のバージョンで続きです
投稿日時 : 2012/03/22 15:54

最近の投稿作品 (55)

▲TOP