OCTOBERさん

作詞・小説をしています。幼い頃から培った妄想力で、文字を書いたり読んだりするのが大好きです!!最近では物語音楽に興味を抱いていて、mothyさんのような世界観に憧れています。桜桃Pに所属してます♪

OCTOBERさん

OCTOBERさん

sas226

作詞・小説をしています。幼い頃から培った妄想力で、文字を書いたり読んだりするのが大好きです!!最近では物語音楽に興味を抱いていて、mothyさんのような世界観に憧れています。桜桃Pに所属してます♪

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(32)

  • 宙 
  • まいむ_
  • Eon
  • 椎南
  • ヤヅキ
  • る菌
  •  或
  • aria
  • 銀河方面P@神野貴志
  • いつき桜
  • りょう@OSN
  • アップルボーイ

フォロワー(11)

  • 白零凍織
  • ぴと吉
  • カジュ
  • 宙 
  • 銀河方面P@神野貴志
  • りょう@OSN
  • 椎南
  • 出来立てオスカル
  • yukiru
  • ゆぅは
  • chuson

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

…人魚姫にも恋させて。[序説]

まだ短かった尾を折り畳み、幾筋の青い長髪の束が貝殻の櫛によって整っていく。心地好く、穏やかな時間だった。 あの時は自分で髪を結えなかったので、お気に入りの真珠の髪飾りをしかと握って、既に支度を終わらせているであろう姉の部屋にそろそろと入り、かみむすんで、と、たどたどしい言葉でお願いしたものだ。 姉は世話好きで、妹の私を慈しみ、愛しているのは肌でも感じ取れた。仕方ないわね、と弾んだ溜め息にのせて、私の髪を繊細に扱う。 きっと私は、その雰囲気の温もりに浸かって、甘えていたのだろう。自力で全ての身支度を出来るようになってからも、何日も、何年も、毎朝姉の部屋に通い詰めた。姉も柔らかい文句と包み込むような叱咤と共に、私が髪を結ってもらう時に使用する椅子をそっと置いた。 物識りな姉。たった一つの、生きている本。今日は何を教えてくれるのか、何を話してくれるのか。抑えきれない好奇心が私の身体を揺らす。 そう、あの日もそうだった。 「ミク、貴女の髪の色は海に縛られているようね。」 ゆっくりと、儚げに、頭の上からそんな言葉が舞い降りた。はてな、と首を傾げつつも、椅子にもたれて尾を伸ばした。姉は更に続ける。 「海にも、人魚にも愛されている証拠よ。貴女になら安心して、任せられるわ。」 暫くして、人魚宮殿第一王女はこの世界を永久追放された。国王、お父様がおっしゃるには、人間と『愛』し合った罰であり、罪であるとのことだ。 慎重派とも言える姉が犯した禁忌。それは波に消えることなく、突如として私と姉の別離を生み出した。


『…人魚姫にも恋させて。』

序説です。
ミクの幼少~成人時代、第一王女の失踪まで。


投稿日時 : 2011/07/05 18:51

最近の投稿作品 (13)

▲TOP