minimal I.D.

投稿日:2009/06/23 19:02:35 | 文字数:545文字 | 閲覧数:86 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

天気良好 晴れ
今日もこの空間は
春夏秋冬 朝昼夜 すべての種族 I.D.を越えて
まるで音楽のように平等


きみが顔を出す前に
ウサギの彼女がやってきたの
ゼロとイチの続きだよ
きみがふわふわの耳を撫でる


きみの数はいくつ?
そこから数えればいいじゃない
そんなに簡単じゃあないの
それが正解



たとえば明日 僕が死んでも
(変わらない 変わらない世界がある)
きみは泣けずに微笑んでいるのだろうと思う
(変わらない 終わりなき世界がある)

たとえば明日 君が死んだら
(変わらない 変わらない世界なんてない)
僕はこの世界で初めての孤独を知るだろう
(変わりゆく 確かに生きた証がのこる)



この世界のホットミルクは美味しい
画面の向こうのきみもうれしそう
身体を仮想していても 繋がるんだ
この一瞬にも 現実世界はつづいている


ねぇ ぬくもりってなんだろう
ことばにできないこと
そうか
それじゃあ今からテレパシーをおくるよ...

仮初と知っていて、約束



宇宙と命 まるごと抱えて I.D.を越えて
神様に支配されながら 自由を生きるわたしたち


天気良好 晴れ
今日もこの空間は
春夏秋冬 朝昼夜 すべての種族 I.D.を越えて
まるで音楽のように平等

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP