【曲募集】凍る桜、君の隣。

投稿日:2018/07/21 19:59:01 | 文字数:523文字 | 閲覧数:85 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夢破れた作品第一号。
ホームズは「最初と最後伝えればまぁ話の内容伝わるよ」みたいなこといってたので、余計なことは真ん中で語ります。(ホームズさんざっくりな上に内容ねじ曲がっててごめんなさい)


二番の最初は「はる」「懐(なつ)」「飽き(あき)」「えっと(越冬」で、
春夏秋冬になっとります。
一番ではリズム感とか、情景描写とかして、2番で思い切った感じです。
個人的にはこの曲で老夫婦とか、逆につきあったばっかりのカップルだったりを浮かべているので、恋愛の中で繰り返していく、いつもと少し違う日常を描きたかったのです。


自分を出せたと思います。よろしくおねがいします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夕焼けが紅く見えるうちは まだ明るい
落花生が砕けていくうちはまだ早い

ひとつの殻からふたつに割くさくらんぼ
丑三つ時にはカラカラはちみつりんご

しかしまだ甘く戻れぬままだ
風が生き心地無くすだけ
ふたりは幸せなのだろう だなんてさ
今更純愛を問う意味はない

時は無情に過ぎ 無愛想に陰り
足取りはプラトニックでいてね
とうに似合いそうにない
時は無情に過ぎ 無愛想に陰り
足取りはプラトニックでいてね
また繰り返すさ

近かった鼓動はすでにはるか遠くに
なつかしさでこんな涙が出るわけがない

置いてけぼりで追いかけるのも飽きて
「えっと」言葉が詰まりこの思いも拾えない

形から真似て固まった愛が
何時しか噛み切れぬ鎖に
何よりも甘くなりすぎて 吐き出しそう
それを飲み込むのが愛だろう

時は無情に過ぎ 無愛想に陰り
足取りはプラトニックでいてね
とうに似合いそうにない
時は無情に過ぎ 無愛想に陰り
足取りはプラトニックでいてね
また繰り返すさ

時と共に踊り 草臥れて舞い散り
手を取りプラトニックに回るよ
とうに似合いそうにない
時と共に踊り 草臥れて舞い散り
手を取りプラトニックに廻るよ
また繰り返すさ

lalala...

作詞してます、曲とか募集。
Twitter変えました。
がんばります。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP