再会(Lyrics)

投稿日:2019/06/30 19:44:26 | 文字数:555文字 | 閲覧数:2,249 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

再会 BPM137

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どんな声か覚えてるかな
どんな風に話してたかな
すっかり背が伸びたお互い
正義とか常識とかさ
疲れちゃうよね正直ね
秘密基地の中にはそんなものはない
 
約束しようふたりは
ずっとこどものままで居よう
誰も傷つかないなら
思い出のままにしよう

ふたりだけ花びらの散るように
幼気な春風に舞うように
どんな少女でも終わりは美しく
ふたりだけ飛ぶ鳥の落ちるように
手を繋いで星の裏側まで
飛んで往きたい

そういえば泣き虫だよね
必死こいて隠してるよね
立派になるもんだお互い
大人って面倒くさくて 
疲れちゃうよね正直ね
みんなきっと忘れてくこどもだったこと

冒険しようふたりは
大人達とお別れさ
生きることってこうだろう
息を吸うことじゃないだろう

ふたりだけ当たり前を知らないで
徒然な後悔も言わないで
どんな言葉も無いほど麗しく
ふたりなら落ちる陽の寂寞も
藍がかった星の裏側まで
覚えておける

タイムリミットの鐘が鳴る
ふたりは置いていかれる
大人達が憂いてる
あいつは正気じゃない…と
タイムリミットの鐘が鳴る
ふたりは確かに生きている

ふたりだけ花びらの散るように
幼気な春風に舞うように
そんな最期ならふたりに相応しい
さんざめくこの世界にさよならを
手を繋いだままなら
二度とこない再会

オケと歌詞おいてます / はるまきごはん

もっと見る

▲TOP