約束(Lyrics)

投稿日:2019/12/22 14:26:48 | 文字数:443文字 | 閲覧数:990 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

約束 BPM136

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠い夏の小さな記憶は
靴ひもを結んであげるところから始まるのだ
大切に失くさずに忘れずに
抱きしめておいた物語

…世話のやけるひとだからね
「ふたりはひとつ」と言えるかもね
驚くほど無垢にまみれ
桃色と藍色は手を繋いで

小さな身体が約束をしたら
ひとつのゆがみも為す術無く純粋だ!
恋のコの字も知らないからさ
ふたりは世界で一番穢れなくいられる

藍の鐘は午後五時に響く
あの日だけふたりは家を抜け出して

見たことも無い夜の先
世界の秘密を知ろうとした
忘れないで夢じゃないよ
ふたつの眼には流れ星が

大きな翠の尻尾をひいて
祈りも願いも何もかもを乗せている!
こどものままでいられるならば
もう一度どこかで巡り合う気がした

命は綺麗なわけじゃない
美しい人生なんてない
呼吸が上手く出来ないのは
生きてる証拠だ

小さなふたりは知らないけれど
世界はゆめゆめ眠ることも出来ないぞ!
こんな物語を忘れるくらいなら
大人のオの字を知りたくもないのさ
約束したのだ 流れ星の下で

オケと歌詞おいてます / はるまきごはん

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP