彗星になれたなら(Lyrics)

投稿日:2020/06/19 19:52:47 | 文字数:396文字 | 閲覧数:1,493 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

彗星になれたなら

日が沈んだすぐあとの藍が
大好きなのは
あなたのあの黄金色の
髪が眩しすぎなくなるから
 
あの日ふたりを見ていた
何も知らぬ彗星に

なれたならいいのに
藍の果てに往けるのに
空想ばかり話す僕だから
離れ離れになったのか

いつのまにかあなたのことを
忘れちゃって
ただ息を吸うガラクタに
なれば笑える時もあるかな

そんな明日が来たなら
焼き尽くして彗星よ

やめたほうがいいのに
大人達は笑うけど
呼吸よりも当然なあなたの
笑顔だけが解っている
多分

だんだん色が無くなって
あなたの誕生日も忘れちゃうような
大人になったらどうする
どうする

夢のように愛して
愛のように夢をみて
空想でも信じればいつか叶うからと言ってた
彗星になれなかった姿を
笑い飛ばしてほしかった

日が沈んだすぐあとの藍が
大好きなのは
あなたの瞳が僕の泣いてるとこ
見えなくていいから

オケと歌詞おいてます / はるまきごはん

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP