裸の月光

投稿日:2011/03/07 05:18:10 | 文字数:374文字 | 閲覧数:819 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

裸の月光の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

浅い眠りから目覚め繰り返す
横たわる僕を見下さないで

生まれた瞬間にゆっくり死んでゆく
だから欲しいものは手に入れて

裸の月光が僕を見つめている
終わりの無い旅をあざ笑うような
さあこっちにおいで夢をみようなんて
とめどなく流れて傷口が塞がらないから


言いたいことはすべて口をつぐむ
慣れてしまっていることに疲れてしまう

生まれてきたことを後悔するような
狂ったメロディが鳴り響く

裸の月光が僕を見つめている
始まりの朝をなかったかのように
渇いた口にコーラ流し込んでしまえば
すべてを無かった事にできれば良かったのに


生まれた瞬間にゆっくり死んでゆく
狂ったメロディが鳴り響く

裸の月光が僕を見つめている
終わりの無い旅をあざ笑うような
さあこっちにおいで夢をみようなんて
愛してる?恋してる?そんなものすべて幻だ

ボカロ作品のオケなどを投稿しています。

twitter
http://twitter.com/Tomoya_PB

HP
http://www.polyphonicbranch.com/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP