【自作曲用】逝言居情【動画化完了】

投稿日:2009/07/30 00:57:06 | 文字数:422文字 | 閲覧数:620 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

中国晋代の漢詩人兄弟の作品を元にしました。
1番→陸機(士衡)【贈弟士龍】
2番→陸雲(士龍)【答兄機】



語注
・参商の星
 参(オリオンの三つ星)、商(蠍座のアンタレスを中心とする三つ星)のこと。
 昇る季節が正反対のため、同じ空に現れることがない。
 長く離れ離れとなって会い難くなることのたとえ。

曲→http://piapro.jp/content/abw4nax1sw2btkfn
原詩について参考資料→http://piapro.jp/content/cdu3m9holv5gemku

動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7797618

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

++兄++
君よ見よ 遠きかの道を
夜明けには 我は独り往かん
この胸を満たす悲しみは重く
盃に臨む喜びは足らず

我は水のごとく西に流れ去り
君は山のごとく東に留まる

言葉を尽くして別れに語れど
思いは尽きせず涙となりて
再びこの手を携え 君と
苦楽を共にする時ぞ恋しき


++弟++
悠遠の道も極むべし
今は唯 嘆く別れの時
この胸は君を慕いて震え
盃に臨み立ち上がれども

我の帰りゆく南に舟のあれ
君の旅しゆく北には橋もなく

心は君の供とて行けども
この身は留まり 参商(しんしょう)の星
さながら 衡軌(こうき)の迹(あと)を殊にし
牽牛(けんぎゅう)の星の名ばかりがごとし


++兄++
我は水のごとく西に流れ去り
君は山のごとく東に留まる
++弟++
我が帰りゆく南に舟のあれ
君が旅しゆく北に橋もなし

++二人++
言葉を尽くして別れに語れど
思いは尽きせず涙となりて
再びこの手を携え 君と
苦楽を共にする時ぞ恋しき

*自己紹介*
 浮草(うきくさ)と申します。
 巡音ルカとKAITOのマスターで、作詞・作曲をしております。
 作品一つ一つに心をこめて作っているので、気に入っていただけたら嬉しいです。

作品利用に関しましては、非営利活動に限り許可しております。ご利用の際には一言ご連絡いただけると大変嬉しく思います。

・動画投稿
  ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/mylist/8687519

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP