罪×殺(ツミバッサツ)

投稿日:2014/09/20 17:26:09 | 文字数:399文字 | 閲覧数:217 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞 楓

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

神様僕は許されない罪を犯しました
何もしなければ幸せだったのでしょう
何も壊さずあのままでいれば

震えが止まらない
罪悪感?恐怖感?
何も分からずただ
あふれる衝動に任せて

たったひとりの愛していた人よ
あなたにはこの気持ちは私の愛はわからないのでしょう
もしも許してくれるのならば
微笑んでくれるのならば
愛し続けていいですか?
僕が消えるその日まで


神様あれは許されない恋だったのでしょうか?
2人を祝福すらできない幼稚な僕は
全て壊してそして逃げ出した

吐き気が収まらない
愛情から?嫉妬から?
何もわからずにただ
愛する人をこの手で殺した

たったひとりの親愛なる友よ
あなたならわかる場所に私は逃げ隠れています
もしも許してくれるのならば
助けてくれるのならば
迎えに来てください
死刑執行の前に

開かれた礼拝堂の扉
一筋の光が差し込んだ
眩しくて見えないや
ねぇあなたは誰?

方言が抜け切れていないので何言ってるかわからなかったらお手数ですが遠慮なくおっしゃってくださいまし。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP