逃奏 歌詞

投稿日:2023/12/06 22:05:34 | 文字数:696文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夢か現か判らない儘
憂鬱と闊歩 即ち格闘
狂れる気配だけが犇いてた
心臓は只の機械と化した

死なば諸共 息を合わせて
不都合と乱舞 即ち錯綜
触れる世界はただ歪んでいた
未来なんてもう只の詭弁だったんだ

酩酊じみた共感に生きても
何処迄も冷笑が剥がれない
啓蒙は死んでいる
敵か味方かって常識の傀儡
せいぜい100年弱のゲームだ
呟いて身を乗り出していた
重力を諦める前に
繋ぎ止めてくれるなんて夢を見る

つまんない世界に生きてんねって
何処からか聴こえた筈の声すら
掻き消そうとするストーリーさえ
引き摺って擲てない僕じゃ

もう未来は無い 時間も無い
擦り減ってく残機を握られて
もう意味は無い 機微も無い
無味乾燥直走る人生

睥睨ばっか傍観に生きても
何時迄も安寧に届かない
平凡に倦んでいる
右か左かって永久に泥濘
せいぜい一瞬弱のチャンスだ
呟いた儘終わらせないで
退屈に絆される前に
呼び戻してくれる声に気付いてよ

もう全部嫌なんだって
吐き捨てた思いがもう遠くなる
ただ生きていたいんだって
それだけのことが喉につかえてる

でもいつか見たいんだって
吐き出した僕は未だ此処で生きてる
じゃあそれで十分だって
差し伸べてくれたその手を取りたくて

これは宣戦布告と相成った僕らの
証明不能な前代未聞だ
ヒーローじゃ無くたって
君と僕で描いた世界は嘘じゃ無い
せいぜい1000年弱の我儘
呟けば延長戦の合図だ
後悔に囚われる前に
お決まりの運命なんて吹っ飛ばせ

平穏ぶった一生の向こうに
君と見たい景色があったんだ
何処迄行こうかって
君に追いつけるように
今奏でるよ

雨月灯と申します。
たくさん曲をつくれるように、たくさん成長できるように、たくさん楽しんで頂けるように頑張ります。
宜しくお願い致します!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP