砂の海を行く者

投稿日:2008/03/15 02:14:55 | 文字数:185文字 | 閲覧数:196 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ストーリー性のあるものを目指しました。
連作になるかも?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白い砂漠は時の墓標

数多の命が膝を折り

その足元へと回帰する

全ては皆等しく砂へ



『おかえりなさい、愛しい君』



ひとたび 心 砕かれれば

容易く その身を失おう

真白き砂の海を渡れ

歌を供に 旅人は行く



『あなたの行く道に幸あれ』



まだ見ぬ空 まだ見ぬ大地

まだ知らぬ歌 その旋律

彼(か)の砂の海を行く者が

紡ぐ 生命の物語

作詞で活動中。タグ、ブクマその他諸々ありがとうございます!

 *作詞依頼などありましたら、よろこんでお受けいたします。(イラストに詩を~というのも大歓迎です)気軽にメッセージ送ってみてください^^

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    てきとう怪獣 さま:コメントありがとうございます。金魚鉢の人ですw
    作るとしたら~とまで言っていただけるとは!気に入っていただけたようで、良かったです(^^)

    2008/03/17 07:10:21 From  おち

  • userIcon

    ご意見・感想

    私は投稿歌詞とかなるべく目を通しておこうと思いつつ、ほとんど見ない方なのですが、サムネに引き寄せられて来たところ・・・。
    金魚鉢の人でしたか。

    大地を歌いつつ、決して優しくはないところがなんだかいい・・・。
    残念ながら自分は楽師ではないので曲は作れないのですが、作るとしたらこのような歌詞にしたいなーと思いました。

    2008/03/15 04:41:30 From  てきとう怪獣

▲TOP