-ize

投稿日:2018/05/03 05:17:25 | 文字数:675文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

2作品目、「-ize/初音ミク」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

目が眩んだようだ月の光
矢も楯もたまんなかったのかい?
ばね仕掛けのように走り出した
煽る夜に思い出せなくなって

改訂、もう一回
推定、超臨界

ねぇ、なんて言ったの?
思い出して
善がったその歌を
凪いだ夜明けに泣いてたんだろう?
忘れたなんて言わせないから

待ってたんだろう?
覚えてるよ
穿ったその壁を
いつかまたそうやってわらうだろう
朝が来るまでに思い出せるかな

歪む延長線
手を滑る夜
果ては散開線

Now listen, Yo!

break out lead up to the new world
また眩む焦点 on the foreground
今雨になって何分経ったんだ?
揺れる幻燈
それはno doubt

今 break up lead up to the [nowhere]
まだ眩む焦点on the foreground
今雨が止んで何分経ったんだ?
消える幻燈
そんなもんだって?

改訂、もう一回
推定、超臨界
好転、急展開
OK?もういいかい?

ねぇ、なんて言ったの?
思い出して
すがったその歌を
駆ける夜明けに泣いてたんだろう?
忘れたなんて言わせないから

待ってたんだろう?
覚えてるよ
歪んだその夢を
いつかまたそうやってわらうだろう
朝が来るまでに

思い出せるよ

いきり立って
また立ち止まって
また改訂
思い出せなくなって
すがってみたってどうしても
怖いよ
ねぇ、だってそうだろう?
無駄って言うんだろう?

だけどもう一回うたってみるよ
うずくまっている君の隣へたどり着けるから

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP