だいじょうぶだよ。けれど…さようなら

投稿日:2011/01/31 17:50:31 | 文字数:506文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

レン視点のものからの続きのミク視点の歌詞です。
コラボ用書き下ろしです。
切ない感じで書いてる本人が、泣きそうになりました、、、

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遥か空から私に届いた思いは
きっと君からの愛という贈り物だね
「ありがとう」という呟きは
空に消えて
涙が流れ落ちる

壊れ始める この体

「だいじょうぶだよ」
口に出してみるけれど
それは音にならなくて
目が滲んで
あなたが見えないの
どうしてかな?
けれど…さようなら
悲しくなんてないよ
この想いはきっと君との
愛の証だから

遥か彼方から私に届いた願いは
きっと君からの愛という贈り物だね
「大好きだよ」という呟きは
風に吹かれ
泪がこぼれ落ちる

崩れ落ちる この体

「だいじょうぶだよ」
声に出してみるけれど
それは音にならなくて
目が滲んで
あなたが見えないの
どうしてかな?
けれど…さようなら
寂しくなんてないよ
この願いはきっと君との
愛の証だから

「愛しているよ」という呟きは
空に消えて
泪がこぼれ落ちる

壊れ 崩れ落ちる この体

「だいじょうぶだよ」
口に出してみるけれど
それは音にならなくて
目が滲んで
あなたが見えないの
どうしてかな?
けれど…さようなら
寂しくないから
悲しくないから
泣かないで…
この想いはきっと君との
愛の証だから…

「お願い…泣かないで…」

残骸です。
またどこかでお会いしたら、仲良くしてください。

*作詞した作品は残しましたが、イラストはすべて削除させていただきました。
ブクマしていてくださった方、申し訳ありません。

ありがとうございました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP