週末模倣劇場

投稿日:2016/03/12 02:07:33 | 文字数:621文字 | 閲覧数:232 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

舞台上から君のことを探している。そんな雨のち晴れの日だった。

ねむくないよ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「明転」


A
異常気象、大気に雨の香り
曇天の逆さまの裏
傘をノックする劣等感

妄想症、ひどく甘い香り
どうだいもう朝方の様だ
傘をノックする劣等感
予報も外れるのか
あ あ あ

S
ライトでタイトな独演会
狭苦しいトコに詰寄って
僕のつまらない身の上を、どうか
閉幕までは立たないで

ナイトとハイドな騙し合い
狭苦しいトコで怖がって
アンタの姿を探してる
なんだ、最初から居ないんだ。

A
空の手錠、大気に錆の香り
昏倒の内側の端
両手をロックする劣等感

再放送、ひどく苦い香り
今度はもう夕暮れのようだ
両手をロックする劣等感
ニュースもアテになんないな

B
驕って脳震盪、
自覚症状、嘯いて面舵いっぱい
亜流の群れ、高性能
「コイツは先天性の」
「低脳な妄想症さ」
あ あ あ

S
ライトでタイトな独演会
狭苦しいトコに詰め寄って
僕のつまらない身の上は、まだ
閉幕には追いつかない

ナイトにハードな貶し合い
狭苦しいトコ晒しあって
アンタの姿を探してる
なんで、アンタだけ居ないんだ。

C
再設定、練り直し
言い回しは中の下

大前提、覆し
あーあ

A
異常気象、大気に雨の香り
晴天の逆さまの裏
傘をノックする優越感
予報もアテになんないな
あ あ あ

S
ライトでタイトな独演会

S
マイトなサイトでかくれんぼ
狭苦しいトコの中心
アンタの姿を探してる、だって?

そんなわけでした。
終演閉幕、暗転。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 週末模倣劇場

    by Garinさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP