ミク☆未来★キャビネット 第四話「サクラノカイカ」

投稿日:2011/07/20 22:04:33 | 文字数:1,369文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:小説

ライセンス:

頑張りました。
もう片方がまるっきり進んでいませんorz
これからも時間取れるかわかりませんが、頑張ります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「沙希、おいっす!」
なんて古いギャグ……あんたいくつなのよ。
「まぁまぁ。そんなちっちゃいことは……」
言わせないわよ。それより何しに来たの?
「ん、沙希にお土産。」
そう言って、袋を引っ張り出してきた。
「沙希殿、おぬしもワルよのお。」
時代劇とドリフターズの見すぎよ。あんた。
その袋の中からさらに、箱を取り出した。
ちょっと、本気で賄賂とかそういうの出すんじゃないでしょうね。
もっとも、ミクは身内だから賄賂とは言わないんだろうけど……
「お金じゃないよ。でも、沙希が好きなもの。」
私が好きなもの?
なんだろう……
「じゃんじゃじゃあ~ん。」
ミクがその箱を開けると。
「あ、これって……」
箱の中には、あんこがまぶしてあるお餅が何個か入っていた。
するとその時。

(グウウゥゥ)

「あっ……」
「ほら、思った通り。沙希ったら朝ごはん食べずに出てっちゃったんだもん。それにしても、好物には敏感なお腹だね。」
「ひょっとしてそのために?」
「そうだよ。これから大変になるからね。頑張ってくれなきゃ。」
「ありがとう。じゃ、食べるけど……」
「じゃんじゃんどうぞ、ミクお手製だよ。」
一つ目に手をかけ、口に運んだ。
おいしい。
二つ目、三つ目……、四つ………………
「どうしたの沙希、なんかあったの?」
私は大粒の涙を流していた。
「ううん、大したことじゃないの。」
その後、さっきのことを話した。
「これからが大事なのに、そんなことしちゃって、怖くなっちゃって……。」
「そっか。その上、慣れないことが続くんだもんね。でも、大丈夫だよ。ミク、分かんないことのほうが多いけど、ミクの前だけに桜井総理じゃなくて、沙希を見せてくれればいいから。」
「うん……。」
私は正直言って、精神的に強いかといわれると自信がない。かなりの泣き虫だと思う。
今も、これだけの事で、何歳も年下のミクに泣きすがっちゃうのだもの。
それでも、これから一国の代表として頑張っていかなきゃいけない。
そんなときにミクがこの言葉を発してくれなければ、崩れたかもしれない。
この国がホントにダメになっていたかもしれない。
後になってから思ったことだけど。
いずれにせよ、なんだかんだ文句言いながらも、私がずっとミクといるのも、ミクが時々こういう姿を見せるからなのかもしれない。
これが良くも悪くも、ミクもこの国にかかわるきっかけになった。
「ありがとう、ミク。お腹も気持ちも満たされたわ。」
「そう?お役に立てて光栄であります。」
……やっぱりミク、古い映画たくさん見てるんじゃないの?
そんなことを考えていたら、扉をノックする音が。
「あ……、沙希、携帯出して。」
「あ、うん」
私が携帯を取り出すと、ミクはその液晶画面に飛び込んだ。
何度見ても日常的じゃない光景だけど……、これも科学の力なのかな?
「桜井代表、お時間です。」
「あ、はい。」
そう言って、私は部屋を出ようとした。
その時ふと。
「あ、あのそこまで堅苦しく話さなくていいですよ。もっとフレンドリーにお願いします。」
「は、はぁ……。」
お迎えの人を困惑させて私は国会で一番大きい場所。本会議場に向かった。
「さっきの飛び込み、水泳選手もびっくりだったでしょ?」
携帯越しにしゃべらないで。

小説が私の命です。
学校でも文系教科だけで学年上位を取ってます。
文章のみが取り柄の長野県民です。
どうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    お久しぶりです!>▽<ノシ
    久しぶりの新作、3話と4話連続で読ませていただきました!

    いきなりの環境の変化に戸惑ったり不安になったりするのは当たり前ですよね。
    しかもいきなり総理大臣だなんて…想像できないくらい怖いです。
    ミクの些細な優しさはその中でも大きな癒しになってるように思いました。

    経済破綻を起こした日本を今後どうやって盛り返していくか楽しみです!
    面白いお話をありがとうございました!^^

    2011/07/21 01:40:25 From  warashi

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんばんは。
    こちらこそ、夜遅くにコメントしていただきありがとうございます!
    今回の話でのミクは、なんだかんだでやさしく先に接する役に回すことを考えていたので、
    それをうまく伝えることができて良かったです。
    また、続きを早めに完成させられるよう、頑張ります。

    2011/07/21 22:06:26 トレイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP