【ぽルカ】 ひどいあなたに捕まった

投稿日:2012/03/06 22:36:12 | 文字数:1,812文字 | 閲覧数:2,310 | カテゴリ:小説 | 全4バージョン

ライセンス:

*前のバージョンで続きます。全4Pです*

今回は殿に頑張ってもらいました。姫も頑張った。
出会ってからわりと時間は経っていますが、㍉単位で進展のなかったリア充が少しだけ走ってみた。
どうして貴方を追いかけてしまうのかわからない。外見ばかり成熟して中身の追い付かない人たちのお話です。
うちのぽルカの関係性は前作「あなたのことが好きです。ウソです」を読んで頂けるとわかりやす、い?
もしお時間がおありでしたらどどどうぞ…(土下座)

*注意事項*
カイメイ要素あり。今回ほぼレンくんはお休みですが一応クリプトン一家タグを付けさせて頂きます。

うちの姫様は最早フォークとワンセット(vs殿専用)になっちゃいましたすみませんw
ぽルカ可愛い565656@@@@@

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

薄暗いスタジオの片隅。今日の撮影の主役である2人の美男美女が、見つめあい小さな声を交わし合っている。
スタッフたちは一様に気を利かせ、決して傍には近寄らないようにしていた。
ただはたから見ればどこかぎくしゃくしたその様子は、仲睦まじいご両人の邪魔をしないための心配りというより、触らぬ神に祟りなし、という形容がふさわしかったかもしれない。

「寸止めです」
「承知」
「寸止めです」
「承知している」
「寸止めですから」
「…重々、承知している」
ルカは腕を組み、この上なく不審な目つきで目の前の紫をジロリと睨み上げた。
2人の距離はきっかり1メートル。それ以上はルカのフォーク(獲物)のリーチ内である。
「だからわたくしはお引き受けしたんです。寸止め以外なんてあり得ませんから」
「…その前に、なぜルカ殿はいつもその三つ又を所持されているのか問いただしたい」
「デフォです」
「………。……そうか…」
そうか、自分の美振(刀)と同じようなものか。ならば仕方あるまい。巡音ルカにそんなオプションが付いているなどという情報聞いたことはないが…
「…わたくし、好きでここにいるんじゃありません。お仕事ですからいるんです。別にあなたがどうだとかこうだとかじゃなくて、断る理由がなかっただけですから」
「よくよく、理解した」
「お仕事ですから」
「承知した」
「寸止めですから」
「…承知したと言っておる。我とてそのつもりで参ったのだ。異論はない」
そこまで言っても尚、物言いたげな目つきでこちらを睨んでくる様は、桃色の子犬がうーうーと唸っているようにしか見えない。
がくぽは繰り返される問答に飽きたのか、若干冷めた目で眼下のピンクを見下ろした。
そして、ふぅ、と一息。少々、キツイ口調で、
「……拙者とて玄人、仕事の内容を曲解したりはせぬわ。あくまで寸止め、それ以上はもってのほか、それでいいのであろう。誓約が望みとあらばそれも厭わぬ、紙と筆を持たせ、ここでしたためてしんぜようか?」
「…っ。……けっこうです!」
わずかな刺を含む声に矢継ぎ早にたたみこまれる。
普段がくぽは、ルカに対してこんな攻撃的なものの言い方は決してしない。思いもよらぬ攻撃にひるんだのか、ルカは口唇を噛みしめて黙り込み、スカートの裾をきゅっと掴んで俯いた。

…まるでうなだれる子犬のような彼女の頭のてっぺんを見下ろしながら、がくぽは改めて自嘲のため息を吐いた。
失敗した、と。大人げない真似をした。それは彼女ではなく己に対する侮蔑。
…今日は確かに少しばかり心持ちに余裕がない自覚はあった。
大したことではない。つまらない気がかりだ。ルカには全く関係ない。それなのに。
己の精神の未熟さゆえに女人を打ち負かそうとするなど武士の風上にも置けぬ。こんな展開は本意ではなかった。
「―――拙者、ルカ殿の嫌がることは決してせぬ」
意識して、柔らかい声音で告げた。少しでも挽回できぬかと思い、内心必死に。強くあたってしまったことに対する謝罪の念もこめて…要するに、ご機嫌取りだ。
「撮影は全て真似ごと。ルカ殿が嫌だと言うなら、出来得る限りの距離を保とう。絶対に、何があろうとも、余計に触れ合いはせぬ。…拙者は、ルカ殿には、触れぬ。安心されよ」
一つ一つ言葉を切り、優しく丁寧に教え込むように、告げた。
ルカはずいぶん長いこと俯いたまま身動ぎもしなかったが、そのうちゆっくりと顔を上げた。
精一杯の気遣いの込められた言葉にも、まだ何かしら不満があるのか、釈然としないのか。

その顔は誰の目から見ても、明らかに拗ねているとしか形容できないものだった。
下口唇を小さく噛み、上目使いににらみ上げる瞳は、限りなく物言いたげに潤んでいて。
端麗な美しさを誇る彼女が浮かべるには、どうにも子供じみたそれ。
そしてこの表情を、密かにがくぽは非常に好んでいた。
言いたいことがあるなら言えばいい、と思う反面、美女にこんな風にねだるような視線を向けられるのも男として悪い気分ではない、ということだ。不快な気分だからこそこのような顔をしているルカにしてみれば、喜ばれるなど腹立たしいだけだろうけれど。
そんなことを考えながらただ見つめ返すだけのがくぽに、ルカは不満そうに眉をひそめ、
「―――そうですか」
低く呟くと、背中を向けた。美しい髪が弧を描き、足早に遠ざかって行く。


MEIKOさんを筆頭に、年長組、大人組、ボーカロイドが大好きです。

液晶の向こうに行くことは諦めたので悔しいけどめーちゃんはカイトさんに任せることにしました。幸せになれ。幸せになれ。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP