らるらりら 歌詞

投稿日:2016/06/17 20:50:33 | 文字数:459文字 | 閲覧数:842 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29042590 歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

深くなった夕闇の色が何も無くなった街を照らしていた
執着だった 点滅する灯を気にも留めないで日々を過ごしている
指を継がい輪を作って目を落として 間違えたくないことばかりを言い訳にして

目を逸らしてしまう 見透かされている気がした 五時の鐘が聞こえて「もう帰らなきゃ」と逃げた
笑っていたかった 変わらないと思っていた 夕景が僕らを包んでいた 包んでいた

一人は嫌だった 誰も待ってくれないな 落とし込んだ影に遊具が揺れている
これ以上に正しい事もできなくて 後悔もできずバスに揺られている
空想上の銃で頭を撃ってみる 嫌なことばかりでもないせいで動けなくなる

きっと子供だったから 分からなかったから 話し合えなかったから きっと記憶になる
目を逸らしてしまう 見透かされている気がした 五時の鐘が聞こえて「もう帰らなきゃ」と逃げた

嘘をついてしまった 嫌になってしまった 言いたいことも言えず時間が過ぎてしまう
転んで痛かった 泣き出してしまいたかった 追いかけることも出来ずにそのバスを見送った 見送った

音源の二次配布・転載は禁止しております。
ニコニコ動画・Youtubeでの音源使用は報告不要です。
ニコニコ動画に投稿される際は必ずコンテンツツリーの登録をお願いします。節度を持ってご利用下さい。
上記サイト以外での音源の利用や、ライブやCD収録など金銭が発生する場合の音源の無断利用は禁止しております。

お問い合わせ等ご連絡ありましたらこちら [ gignulut@gmail.com ] までご連絡をお願い致します。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP