Allerleirauh

投稿日:2011/12/12 21:03:18 | 文字数:391文字 | 閲覧数:295 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Allerleirauhの歌詞です。

◆曲: http://piapro.jp/t/imXJ
◆instrumental ver.: http://piapro.jp/t/e_9q
◆歌詞の補足: http://piapro.jp/t/X3aD

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昔とある王様は 千のししの毛皮に
身を包んだ少女に 出遭ったそうな

なんと不思議なものよ うろに暮らすは辛かろう
我に仕えるならば 其処な城に迎えよう

私メヲ使ヒマセ 永遠ニ国ハ栄エマセウ
やがて全て少女の 言ったままになりました
それはただの寓話 今は塵に埋まる過去に
デイジーベルを捧げましょう
悲しいはるの歌を


ある日の舞踏会に 金の糸と硝子の
ドレスを着て少女は やってきました

なんと麗しい姿 はてこれは何処の姫か
騒ぐ皆に少女は 悲しい顔で云いました

誰カ在ルガ侭ヲ視レヌカ
私メハ此処ニヰルノニ
皆ガ観シハ千枚目ノ皮
人ニアリマセヌ
己ガモノモ判リ得ヌ程ニ
人ハ愚カナリヤ

少女は消えて 国は廃れ 森になったそうな
それはただの物語 いつか誰かの見た夢
さあさ 夜も更けたわ 蜜の様に甘い林檎を
一口だけ齧ったら ほら おやすみなさい


オヤスミナサイ

2009/5/16

恥ずかしながら帰ってまいりました。


またチョコチョコと投稿とかできれば、なんて考えています。

もっと見る

もっと見る

▲TOP