巡音の片恋 4

投稿日:2011/08/24 15:08:45 | 文字数:1,350文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:小説

ライセンス:

巡音の片恋(めぐりねのかたこい)。


ルキ→ミク。
続編予定中。

「無自覚片恋」がテーマなのですが、しに難しかったです。
最後にはこいつ(=ルキ)馬鹿だ! って思いましたもん。
本当は私の脳みそが、なんだけど。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 翌朝早く、彼女がうちにやって来た。走ってきたらしく、息が切れている。椅子に座らせ、冷蔵庫にあったパック入りのアップルティーをコップに入れて渡す。コップに水滴が付き始め、彼女の呼吸が整い始めた処で、彼女の噤(つぐ)みの口が開いた。

「あのね、わたし、……迷惑だった?」

 彼女は目を伏せたまま話をしている。滅多にないことだから、余計に気落ちして見える。

「え、何が?」
「だって昨日、ルキ君云ったじゃない。曲、もういいって。わたし、気付かずに無理強い、してたのかなって、あの後ね、考えたの」

 どうやら彼女はネガティブ思考に陥っているらしい。隣の椅子に座って、出来るだけ目線を合わせて応えてやる。

「いや、俺は嫌なら嫌ってはっきり云う方だし、曲聴くのも、一緒に話するのも、嫌々やってたわけじゃない」
「じゃあ、なんで?
 ……昨日はわたし、聞きもしなかったよね。理由、聞かせて?」

 云いづらかったが、真摯な眸にやられて口を開く。

「……たださ、俺ばっか聴かされてるのもあれだなーって思っただけ、なんだよ」

 真剣な表情が、歪んだ。

「……どういう事?」
「今までは全部ミクから、だっただろ? 今度はさ、俺から曲を聴かせたいな、って思って、さ」

 彼女の顔が輝きを放ち始める。眩しすぎて、分かり易すぎて、笑ってしまった。

「聴かせて! ルキ君のおすすめ! 私、いつでも待ってるから。」
「いや、相互的に行こうぜ、って事なんだけど……。逆にミクからの曲聴けないのも俺は嫌だし、さ」
「うん、そうだね。いい曲を見つけたら、即報告! ね、約束だよ」

 右の小指を差し出して、約束の儀式を催促してくる。ほんのり苦笑しながら、こちらも右手のそれを伸ばす。

 ゆーびきぃりげぇんまぁん、
うーそついたぁらはーりせぇんぼぉんのーます、ゆーびきった。

 呪文を唱え終わった彼女は満面の笑みを浮かべ、約束したからね、と云って帰っていった。自由奔放な彼女に、ただ翻弄されただけのような気がした。

 だが、本当は違う。
 後味が悪いのは、俺自身のせいだ。俺が彼女に嘘を吐いたから。彼女を傷つけないための、嘘を。
 これからも、彼女は同じスタイルで曲を聴くだろう。そして俺はまた、あの時のように彼女の髪を引っ張りたくなるかもしれない。

 俺が傷つけそうなのは、壊しそうなのは、彼女自身だ。

 それでも、曲を聴くのをやめることは出来ない。それは嫌だと彼女は云ったし、俺も同じ気持ちだから。
 俺にとって大切で、守りたいものは、彼女との今の関係と、彼女自身の身の安全。
 それを守るための一番手っ取り早い方法は、俺が少し我慢すればいいだけのこと。触れないように、細心の注意を払えばいいのだ。

 ……しかし、嘘なんてめったにつかないから、バレやしないかと心配だった。
 俺からの曲の紹介は、前から思っていたことでもあるからいいものの、あのツインテールを引っ張りたくなる欲求を、これからずっと彼女に隠し通せるのか、不安だ。

「でもま、いっか」

 彼女が笑ってくれたから、まあ、よしとしよう。彼女の笑顔が潰えるのが、今は一番怖い。
 姉貴には……、今の処、大丈夫みたいだ、とでも報告しておこう。

詩作専門。時々短編。

love Luka!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP