かくしごと

投稿日:2022/01/19 14:48:09 | 文字数:438文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

感動しました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君に話そうと思っていた
だけど君に嫌われるって思ってしまった
本当にごめんね

君に話そうと思っていた
それは君にとって正しいか分からなくて
くだらない言い訳をしては
隠しごとにしていた

いつか知られてしまうことって分かっていたけど
それは何年も先だって期待して
嫌気がさすような僕の保身だけど
君と笑ったいたいんだ それは本当さ

愛してると告げるのは難しくないけど
弱さを見せるのは恥ずかしくて
立派な大人だって言って欲しいから
まだ言えないんだよ かくしごとは

君に知って欲しかった
あの人の優しさやあの人の魅力を
でも僕は言えなくて
忘れてしまわないように
「僕だけが覚えていれば」なんて

いつの間にか君に隠したことが
増え続ける毎日に不安を感じていた
あの日のように気がつけばいなくなる
そんな夢をみてた

愛してると告げるのは難しくないけど
涙を見せるのは恥ずかしくて
立派な大人だった君の姿は
「まだ言えないんだよ」
「もう分かってるよ」
大切なかくしごと

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP