あの日の彗星。

投稿日:2016/09/18 23:07:24 | 文字数:605文字 | 閲覧数:327 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

ガルフィ様作曲の作品→http://piapro.jp/t/-3m_

上記作品の歌詞募集に応募させていただき、不採用 となりました歌詞です。

自主製作、初投稿作品です。

ver.4/4・・・読み有り完成版

<メモ>
応募用に製作をし不採用となりましたが、私にとって大切な作品のひとつです。
ので、このまま残して置きたいと思います。

審査していただいたガルフィ様はもとより、ご覧になっていただいた皆様、ありがとうございました。
これからも活動を続けて行きたいと思っておりますので、改めてよろしくお願いいたします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

みんな今夜 空を見て言うだろう
綺麗だな。とか、
見えない!とか、ただの予想

窓の隙間から吹く朝がなんだか
この心を揺らして 今日も日は暮れる

二人で歩いた距離がもう懐かしくて
想いを言わなくちゃ
見つめ合った あの日を繋いでる

不器用だっていいから わたしの側に居て
あなたの溢(こぼ)す笑みが彗星の軌道に消えてく
忘れられないから いくら願いが叶っても
涙 流れる間(ま)もないまま

瞬(またた)く街はいつになく明るい
今世紀の大発見をしたからね。
そうだ あなたの夢は宇宙飛行士
隣で跳ねた 「俺の時代が来た!」

笑顔から紡ぎ出る 未来図の話
あなたの描(か)く夢に わたしの事も加えて欲しいです。

いつか見た未来も 飛び立ったその後に
世界中の目の前で 流星の塵(ちり)に悶(もだ)える
聞こえなくていいから 届かなくてもいいから
まだ、あなたと笑っていたいから。

開(ひら)けてる雲間(くもま)が ここに戻って来てと
あなたに言うけど
交信は切れた 発信も失った
彗星の到来が来年に控えていた

願いが叶うなら あの日描(えが)いた夢を
あなたの隣で、二人でね、見たい。
揺れる心が 治まらないまま向かう

星空を見上げたらなんて言うのかな

不器用だっていいから わたしの側に居て
あなたの溢す笑みが彗星の軌道に消えてく
忘れられないから いくら願いが叶っても
涙 流れる間もないまま

Youtube上にて、楽曲投稿の活動をしております。
https://www.youtube.com/channel/UCrGnlGdJZ8pn2Fl5G19Hj4A

<Twitter>
https://mobile.twitter.com/Feb_sounds/status/958729283882573825?p=v

音楽って素敵。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP