Guliver32さん作品一覧

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

    作品にコメントして Guliver32さんを応援しよう!

    コメントする(登録無料)

    夏風

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    少し癖毛の髪を撫でつけ 鞄片手に家を飛び出す
    いつもの場所で待ってた君に 遅れちゃったと謝りながら

    いつまでもこんな日々が続くように
    届けてよ 私の願いを

    今すぐ駆け出しそうな ココロが抑えられないのは
    きっと夏の太陽のせいさ
    恋するこの気持ちが 君に伝わるように
    今日も 明日も ずっと大好きだよって

    不意に夏風が 火照る頬をなだめる

    気づけばすぐに君のことを 目で追いかける私がいた
    この胸の奥 芽生えた恋は 世界の全てを輝かせた

    どこまでも飛んでいける 二人なら
    誘うような 南風に乗って

    今にも弾けそうな ココロは隠しちゃもったいない
    今日は一度きりなんだからさ
    恋するこの気持ちが 私だけのものじゃないってことを
    ちゃんと確かめたくって

    熱に身を任せ ここでキスをしようか

    これからどれだけの思い出 二人積み重ねていくんだろう
    君と過ごす初めての夏 アルバムの1ページさ

    今すぐ駆け出しそうな ココロを解き放って
    全部夏の太陽のせいにしてさ
    恋するこの気持ちを 二人で感じ合おう
    今日も 明日も ずっと大好きだよって

    夏に身を任せ ここでキスをしようよ

    ライセンス:

    投稿日時:2017/09/12 21:20:45

    閲覧数:6

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう

          このページはセキュリティモード(SSL)で送信しています。[アクセス元 54.196.38.114 ]

          ▲TOP