嗤うマネキン歌詞

投稿日:2016/03/25 23:29:15 | 文字数:706文字 | 閲覧数:68,467 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

水浸しの靴の中
冷えた足で朝を迎える
昨日に置いてきたお別れで
鳴り止まぬ腹も諦め気味だ
どうして街はまた
ずかずかと笑顔取り戻せるのか
それって君達が何も感じれなくなったみたいでしょ?

遠吠えにしたって
最後には笑えるよう願って吠えてる
その時の想いはどこにある
浸る時間が欲しいよ

Little by little
轍と共にある今に
指輪をはめてあげましょう
Little by little
今、ここにある全てを感じ
纏って、目を見開いて
明日の僕が
忘れないように
擦り傷に塩かけて舐めよう
きっと痛いね
いいさ、しばらくしたら
何も感じなくなる


身を焦がす恋だった
鮮やかさに飲まれて嫌だった
一人よりも二人の方が
寂しくなるって知らなかったな
愛ってなんだろな
普段は考えないようなことも今は
嫌悪にまみれて夕日とともにつぶれてくのです
 

遠くに行けそうな夜が来た
今と違う何かに出会えそう
そんでまた昇った日が嗤う
馬鹿にしたように嗤う

little by little
孤独と共にある今に指輪をはめてあげましょう
little by little
今ここにある感じに委ね流れてゆくのでしょう
水たまりに映った顔が笑えるその日まで
泣いて過ごして
きっと辛いね
いいさしばらくしたら
少しはましになるから


この温度は一瞬で
奪われてしまうけど
記憶を君の胸にずっと
置かせてほしいから
絡まってほどけないよう
ややこしくなればいいよ
死ぬまで僕のこと引きずって歩いて


little by little
轍と共にある今を愛しく思えた
ガラスでできた心をたたきつけて割ればいいんだ

(プロフィールはありません)

もっと見る

▲TOP