ファニーダンサー 歌詞

投稿日:2018/01/20 19:27:01 | 文字数:411文字 | 閲覧数:314 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「ファニーダンサー」の歌詞です。
何かありましたらTwitter(@tri_angl_e)まで連絡お願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ファニーダンサー


繊細な心はいつも 大半がくだらないんだ
時代の寵児になって 校則の間をぬった
教室を隔てられた 男子禁制のメーデー
黄色い声で満ちていた 秀逸で平凡な日々さ

体を捻る事は 頭を捻るよりも
簡単な事じゃないか いつまで羞恥してんだ
早く あっちに行こうよ
誰にも見られないから

曖昧な言葉で 騙されても
甘い言葉で騙せばいい

捻って くねった
ありそうもないような
風任せの踊りを踊るのさ
捻って くねった
奇怪な視線など
気にしなくていいから踊るのさ

女子高生だから


簡単な思考でできた 小さい頭の味噌は
楽しいことが全てさ 悲しいことはみんな
落っことした
踏んづけた
無くなった
また空になって飛び起きた

捻って くねった
ありそうなダンスは
面白くないから 置いておいて
捻って くねった
短いのだから
考える前に走るだけさ

いつのまにか 夢中になって


誰も気にしないから

曲などを作っています。
営利目的で曲を使用される場合はご連絡ください.

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • ファニーダンサー OffVocal

    by 歩く人さん

もっと見る

▲TOP