歌詞 - 白、白、惨禍の淡色

投稿日:2016/08/21 11:30:44 | 文字数:226文字 | 閲覧数:533 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

飾られた君の声 惨劇は仕組まれた
滑稽な僕たちは 皮肉を呟く

幻覚が僕を襲う 残響だけが残る
惨酷な喪失者 最期に何を想う

赤い烽火、青に染めて
意識さえも盲目の海に投げた
色が美しくて
忘れはしないさ

赤い供花、青に染めて
淘汰された盲目の海に咲いた
白い花を纏え
哀しくはないさ

今孤独に叫んでいる
俺が哀を吐いていく
視界が眩んでいく
山はとうに超えている
撒き散らした群青が
朽ちて藍になっていく
それはもう腐っている
見放されたままで

offvocal等置いております。
なにかご要望等ございましたら出来る限り対応致しますので、気軽にご連絡ください。また、wav音源も配布しておりますので欲しい場合はご一報ください。
メールアドレス:shimabkr0@gmail.com
ツイッター:@_shimabu

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP