君色花火 歌詞

投稿日:2015/04/19 00:37:26 | 文字数:407文字 | 閲覧数:431 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君色花火
 作詞、作曲 りびあ


ひまわりの花 咲く季節 また想い出す
君の元へ届くように 今もここから叫んでるよ

小さなことで笑いあって 小さなことで喧嘩もしたね
君と出会って毎日がそう きらり輝いた

「すきだよ。」の4文字さえうまく 言えずにいたあの夏
届かない 想いが 溢れだす

ねえ君はまだ憶えてる?この想い出を
君の元へ届くように 今もここから叫んでるよ

愛する事を教えてくれた 一人じゃないと教えてくれた
君と過ごした毎日はもう 二度と戻らない

「綺麗だね。」二人で見た花火 「来年も見に来よう。」
守れない 約束 嘘つき

ねえ君はあの夏の日のこと 覚えてる?
今年も綺麗に咲いているよ 大きな花火 見えてるかな

ねえ君はこの大きな花火見えてるかな
君の隣で見たかったな 懐かしい香り「ごめんね」

ヒカリ舞い散る 君の面影映し出す
ひと夏の輝きが放つ奇跡 「一人じゃないよ」歩き出そう

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP