無人駅

投稿日:2015/07/21 22:48:40 | 文字数:581文字 | 閲覧数:2,973 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青い空に今更気付いたようだ
道を抜けた木陰の駅で花を見ている

絵を描いていた
今日も思い出が散って征く

そんな視界だって無人なのに


大嫌いさ 痛いくらいだ
辛い暗いだを描いてしまうくせ、愛だ恋だに持ってくなんてさ

お願いだ、笑ってくれよ

そのまま灰になって、気球になって
気丈に澄んだ世界を生きたいから

臆病な僕がそれを口に出来てたら


思い出ほど綺麗に描いたもんだ
青を塗った画材を今日も眺めている

つまりこうだろう
「最後に君が手を振っている」

そんな絵を描いた。


わかってたよ

全部そうだ 違いがないんだ
写真になった記号が笑った

過大な声に自信もないし、さよならって飽きもするよ

そのまま今日になって、部屋に腐って
次第に僕を亡くしていくんだろうか

吐きそうな愛を描いて食いつないでいる


夕焼けの赤を描いたのは、カラスの声が胸に痛いから
ウミユリを空に描いたのに、波の先が思い出せない

僕のためでしかなかった
君のために描いた絵は

いつからだろう
ただのお金に為っていく


もう大嫌いさ 痛いくらいだ

辛いくらいだを描いていた。
ってもう愛だ恋だに持ってくなんてさ

お願いだ、泣いてくれよ

そのまま生きてゆけって 歩いてたって
生きるの意味もわかんなくて

無人の駅で今も夢を描いている

空を描いている

ナブナです。曲作ってます。ニコニコ動画に投稿した分はこちらです→http://www.nicovideo.jp/mylist/30722660

 twitter→@nabuna2 

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP