燈籠 歌詞

投稿日:2018/01/22 23:39:59 | 文字数:664文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

燈籠-あかりかご- の歌詞になります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぼくはとししたが
ほしかったそうだった
あるひ やってきたのは
おくびょうなきみだった

でかけるとき ほえて
ずぼんのすそをかんできてはまるで
いかないで そんなふうな
かおでぼくをのぞいた

かえるとまっさきに
おでむかえしてくれたね

あぁ わんわんわん
さみしがりやさん
ぎゅっとだきあげては
すりすりと
ぬくもりがここちいいな
ずっとだいていたいなって

あぁ わんわんわん
ほら わんわんわん
たのしくおさんぽにでかけよう
さいごはかけっこでよーいどん
きょうもぼくのかちだね


友とうまくいかずに
恋人できては別れたり
ダメダメだと泣いていた
僕は独りぼっちだと

普段来ないのにトコトコと
歩みよるふわふわシルエット
話せずとも癒してくれた
立ち直れる勇気をくれた

いたずらっ子のかまってちゃん
叱られふて寝してた

あぁ わんわんわん
昔みたいに
遊んではあげられないや
それどころじゃないなんて
全然わかってあげられなくて

あぁ わんわんわん
ねぇ わんわんわん
いたずらが段々と増えてきて
いい加減にしなさいと
人の都合で心が傷んでた

突然だった
元気だったのに
ずっと一緒だと
思っていたのに
想っていたのに

わんわんわん
聞かせてくれよ
元気にまた声を聞かせてよ

あぁ わんわんわん
あの夢は何?
最後に小突いて居なくなった
まるで弱りきった僕にいつまで
そうしてんだって言ったようで

わんわんわん
さぁ わんわんわん
今にも起きそうな顔して
僕の体温をあげるから
そっと安らかにおやすみ

ニコニコ動画、Youtubeにて動画投稿をせていただいています。
音楽作ったり、歌ったり、ゲームしたり。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 燈籠 inst +4

    by のいざんさん

  • 燈籠 inst

    by のいざんさん

▲TOP