カフェ・オ・レ・カプリッチョ

投稿日:2019/04/07 23:42:18 | 文字数:579文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

マトリシアさんとの合作になります。

「人にどうしても謝らなきゃいけなくてらちがあかないとき、どうする?」
ということをテーマに、
私はルカさん、マトリシアさんはミクさんに自分の考えを投影して
作品を作りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

★ルカ
商店街のカフェで
何十分も黙っている
温めたミルクも
冷めてしまった

☆ミク
時間(とき)の解決ばかりで  
謝り方がわからない
冷たいコーヒーが
ぬるくなってた


★今更何を話すのかな

☆どうやって謝ったらいいの?

★今日こそは折れたくないけど

☆何を言っても言い訳みたいだな


★☆
前を向いてばかりでは
振り切れないものだらけ
甘い自分と苦い後悔ばかり
君が謝ってほしいなんて
甘い期待は叶わない
カフェオレを頼んでも
まだまだビターなままだよ

☆ミク
悪いのは私と
知ってて黙っている
最善の答えが見出せないから

★ルカ
いつだって私は
謝って許して
そのたびに優しさの意味を疑う


☆コーヒーに涙がこぼれる

★そんな顔が見たいわけじゃない

☆ずるいでしょう?わがままだよね 

★無理強いすることもされることも 嫌だから



★☆白と黒はいつも うやむやに混ぜていたから
★今日こそ ☆話すよ ★話して ☆待ってよ
★☆黙ってても変わらないよ 


☆私の「踏み出す勇気」
★私の「言わない覚悟」

☆持ってる理由
★それは
☆★ -信じてるから-

★☆「ごめんね」が届かなくても
一歩でも歩み寄れるなら

★甘すぎず苦すぎず
☆きっとそれがいちばんいい具合
★☆カフェオレを頼んでも
こんどこそ美味しく飲めるかな

基本ルカさんで曲を作ってます。

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP