【 溜息endless 】

投稿日:2012/06/03 14:49:26 | 文字数:582文字 | 閲覧数:71 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Ristさんの【歌詞募集】タイトルなし【エレクトロニカ?】よりお借りました。
http://piapro.jp/t/zAE_#noscr_div_message_input
浮遊感があって、心地よい曲です。

Aパート、指定文字数に達していない部分があります。
ご指摘、歌詞変更などありましたら気軽にご連絡下さい。

*落選

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
50's残像 錆びついた車 海をゆく道 乗り合わせた 人

A
60's虚像 ショーケースの中 セピア色した 戦車が見る 夢

S
割れた舗装の下 石畳が続く
埋められてた街も 革命者の主義も

B
タバコとジーンズだけ
僕が受け継いだのは
全て過ぎてしまった
時代達の蜜月
タバコとジーンズだけ
僕が受け継いだのは
泡の息を吐き過ぎ
歴史の波に溺れ

S
バベルの街の地下 戦士達が進む
海の要塞では 鳥が目を細める
プロレタリアの壁 えがかれた眼差し
疲れ果てた夢に とけてく午後の虹

***********************

A
ふぃふてぃーず ざんぞう さびついたくるまで うみをゆくみち のりあわせた ひと

A
しっくすてぃーず きょぞう しょーけーすのなか せぴあいろした せんしゃがみる ゆめ

S
われたほそうのした いしだたみがつづく
うめられてたまちも かくめいしゃのゆめも

B
たばことじーんずだけ
ぼくがうけついだのは
すべてすぎてしまった
じだいたちのみつげつ
たばことじーんずだけ
ぼくがうけついだのは
あわのいきをはきすぎ
れきしのなみにおぼれ

S
ばべるのまちのちか せんしたちがすすむ
うみのようさいでは とりがめをほそめる
ぷろれたりあのかべ えがかれたまなざし
つかれはてたゆめに とけてくごごのにじ

ちまちま作詞!
インディゴといいます。
普段は古い洋楽をメインに、JAZZ、ラテンなどを聴いています。

どなたかのお目にとまればウヒョーの極み。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP