そして未来は続いていく 【落選歌詞にて漂流中】

投稿日:2014/10/09 22:09:00 | 文字数:1,343文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

歌詞募集に応募中させて頂いた歌詞です。
力量不足で、落選して漂流しております。
心優しい作曲者様がいましたら、曲を付けてやってください。

作曲して頂けるなら推敲は惜しみません。

よろしくお願い致します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【そして未来は続いていく】



愚かな一言 壊れてく関係
二人の生き様 元から別物

言葉も時間も戻せない
もう喧嘩じゃ済ませない



「会いたくない」内面へ突き刺さる
絡む事もなく次第に離れる友情

遠ざかれば遠ざかる昔の思い出
何ひとつ変えられない これも約束



傷だけを残して生きる 会わない日々を
当然 時間だけ流れて 増えて消える記憶

懐かしい思い出 言葉 隠して 笑み零して
このまま片隅に残して生きよう



噂が流れて心からザワめく
良くない噂の真相 知りたい

決意をしたなら会いに行く
拒否されたら仕方ない



唐突でも再会は出来るのさ
だけど何も話せないで 沈黙 続くよ

ただ謝る事だけが最優先だと
あの日から動いてない想い溢れる



「別にもう気にしてないよ。こっちこそゴメン」
それでも拒否してる空気が壁を造り上げる

少しずつ会話を試みるんだ ほら何度も
次第に蘇る確かな思い出

<間奏>



お互いに昔を廻り未来を映す
それでも陽が暮れて別れの時を星が刻む

それぞれの道へと戻る 過去から呼び戻され
再び再会を約束したんだ

S’

片隅の記憶が消えて新たな日々へ
背中を押している約束 いつか守るために


<ひらがな仕様>


【そしてみらいはつづいていく】



おろかな ひとこと こ われてく か んけい
ふたりの いきざま も とから べつもの

ことばも じかんも も どせない
も う けんかじゃ すませない



あい たくない ないめん へ つきさ さる
からむ ことも なく し だいに はなれる ゆう じょう

とお ざかれば とおざか る むかし の おもいで
なに ひとつ かえ られない これも やくそく



きずだ けを のこして いきる あ わない ひびを
とうぜん じかん だけ ながれて ふえて きえる きおく

なつか しい おもいで ことば か くして えみ こぼして
このまま かたす みに のこして いきよう



うわさが ながれて こ ころから ざ わめく
よくない うわさの し んそう しりたい

けついを したなら あ いにいく
きょ ひ されたら しかたない



とう とつでも さいかい は できる のさ
だけど なにも はな せ ないで ちんもく つづ くよ

ただ あやまる ことだけ が さいゆ う せんだと
あの ひから うご いてない おもい あふれる



べつに もう きにして ないよ こっ ちこそ ごめん
それでも きょひし てる くうきが かべを つくり あげる

すこし ずつ かいわを こころ み るんだ ほら なんども
しだいに よみが える たしかな おもいで

<間奏>



おたが いに むかしを めぐり み らいを うつす
それでも ひがく れて わかれの ときを ほしが きざむ

それぞ れの みちへと もどる か こから よび もどされ
ふたたび さいか いを やくそく したんだ

S’

かたす みの きおくが きえて あ らたな ひびへ
せなかを おして いる やくそく いつか まもる ために

ガネードです。
よろしくお願い致します。

マイペースに作詞応募をしています。
最近は勉強も兼ねて短編執筆の方が主軸になりつつあります。

一度、作詞データの整理をして、落ち着いたら、コラボ活動でも。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP