甘い果実

投稿日:2009/03/22 20:16:01 | 文字数:999文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

少女を林檎に喩えたつもりなのですが意味不になりましたorz。


最後の「憎しみ~」から下は台詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風が運んでいく甘い香り
近くには林檎畑
収穫を待ち望む少女が一人
空を見ている

風に揺れながら赤く染まる
遠くには沈む夕日
収穫を待ち望む少女が一人
永久を見ている

重力に関係無く冷たい地面に
私は落ちていく
「もう少し、此処に居たかった…」
そう呟いても変わらないのに

落ちてしまったら価値が無いと
また、捨てていくのね
この悲しみを知らないで

残された私は誰の温もりを頼ればいいの?
あの温もりに触れることさえ出来ずに
唯、貴方を見ているの

禁断の果実は誰の唇を奪っていくの?
少女は上手く笑うことさえ出来ずに
唯、世界を見ているの

存在すら希薄な少女
「どうか、私を忘れないで…」


時が流れていき巡る季節
未来に私は居ない
収穫を待ち詫びた少女が一人
夢を見ている

風に流されていく甘い誘惑
彼方には貴方が見える
収穫を待ち詫びた少女が一人
夢に溺れて

重力に関係無く冷たい地面に
私は堕ちていく
「もう少し、此処に居たかった…」
そう囁いても変わらないのに

私の未来 踏み潰して
貴方は笑うのよね?
抱いた憎しみを知って

残された私は誰の言葉を信じればいいの?
あの優しさに触れることさえ叶わず
唯、貴方を見ているの

禁断の果実は誰の命を奪って逝くの?
あの哀しみに触れることは出来ても
いつも、虚無を見ているだけ

熟した果実 甘い匂い
「どうか、この林檎を食べて…」

<間奏>

残された私は誰の温もりを頼ればいいの?
あの温もりに触れることさえ出来ずに
唯、貴方を見ているの

禁断の果実は誰の唇を奪っていくの?
少女は上手く笑うことさえ出来ずに
唯、世界を見ているの

存在すら希薄な少女
「どうか、私を忘れないで…」

残された私は誰の言葉を信じればいいの?
あの優しさに触れることさえ叶わず
唯、貴方を見ているの

禁断の果実は誰の命を奪って逝くの?
あの哀しみに触れることは出来ても
いつも、虚無を見ているだけ

熟した果実 甘い匂い
「どうか、この林檎を食べて…」


憎しみが詰まった毒林檎と知らずに
躊躇いも無くかじる
そして、貴方は悶え苦しむの
自らの罪と罰の味を噛みしめて…

「どう、私が憎しみを込めて育てた林檎のお味は?」
「嗚呼、少し貴方には甘すぎたかしら?」

そう言って微笑む少女は
何処か遠くを見つめている
昔を慈しむように…

何か久しぶりにピアプロに来て懐かしくなったので、そろそろ本格的に作品を投稿しようと思う。

今まで付き合いのある人は、またよろしくお願いします。
んで、これから付き合いする方は、はじめまして!


作詞で参加してます。
【初音ミク オリジナル】 独り言 【PV風】

http://m.nicovideo.jp/watch/sm7902584?cp_in=watch_ml&

作曲・動画はこのりさん。
イラストはハルセさんです。
ありがとうございます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP