人魚恋歌/or/人魚想【歌詞応募】ロカルツP様

投稿日:2021/04/12 20:00:37 | 文字数:901文字 | 閲覧数:553 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ロカルツP様の「【歌詞募集】タイトル未定 「ロックバラード」 締め切り 5/5」への応募の歌詞です。

人魚(人魚姫ではなく、食べると不老不死になる方の人魚)視点の恋の歌詞です。
相手(人間)は、愛なのかそれとも。

タイトルは仮称です。
編曲の際の歌詞改変、調整は問題ありません。 また、対応も可能です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
たゆたう
深海から
恋焦がれて奏でる
光の向こう
 1B
出会ったのやわらかに
微笑む唯一のひと

時も忘れ
混ざりあいたい

 1サビ
真実の在り処なんて
求めてはいないの ただ
ただ愛しい
それだけだから

鱗のひとかけさえも
残さずすべてあなたのもの
口づけ 触れた先で
あたたかく融けていくだけ
幸せのよう

 2A
うつろう
波の花は
恋わずらい隠れる
真珠のかげ
 2B
そっと覗きこむのは
微笑む唯一のひと

指を絡め
離れたくない

 2サビ
戯れといわれたって
捕らわれていたいの ただ
ただ愛しい
それだけだから

涙のひとつぶさえも
残さずすべてあなたのもの
この鰭を踊らせて
幸せに融けていきたい
あなたの中に

 サビ
真実の在り処なんて
求めてはいないの ただ
ただ愛しい
愛おしいだけ

鱗のひとかけさえも
すべてあなたに捧げるから
口づけ 触れた先で
あたたかく融けていくから

ひとつになるまで


————ひらがな————
1A
たゆたう
しんかいから
こいこがれてかなでる
ひかりのむこお
 1B
であったのやわらかに
ほほえむゆいいつのひと

ときもわすれ
まざりあいたい

 1サビ
しんじつのありかなんて
もとめてわいないのただ
ただいとしい
それだけだから

うろこのひとかけさえも
のこさずすべてあなたのもの
くちづけふれたさきで
あたたかくとけていくだけ
しあわせのよう

 2A
うつろう
なみのはなわ
こいわずらいかくれる
しんじゅのかげ
 2B
そっとのぞきこむのわ
ほほえむゆいいつのひと

ゆびをからめ
はなれたくない

 2サビ
たわむれといわれたって
とらわれていたいのただ
ただいとしい
それだけだから

なみだのひとつぶさえも
のこさずすべてあなたのもの
このひれをおどらせて
しあわせにとけていきたい
あなたのなかに

 サビ
しんじつのありかなんて
もとめてわいないのただ
ただいとしい
いとおしいだけ

うろこのひとかけさえも
すべてあなたにささげるから
くちづけふれたさきで
あたたかくとけていくから

ひとつになるまで

(cataclecoで「かたくりこ」と読みます。)
テキスト分野(作詞)に興味があり登録させていただきました。
歌詞を投稿しています。
応募用以外は曲募集中です。
曲先、詞先どちらも可能です。
よろしくお願いいたします。

(別場所では短歌や短編小説創作をしています。)
(Twitter登録してみましたが、まだ不慣れなので慣れそうでしたら後日活用していきたいと思います。)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【歌詞決定】タイトル未定 「ロックバラード」

    by ロカルツPさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP