spellaliba -機械仕掛けの讃歌-

投稿日:2020/02/05 22:51:51 | 文字数:376文字 | 閲覧数:68 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

木もれ日さんの楽曲に宛てて
https://piapro.jp/t/M9hg

──朽ち落ちた街で目覚めた、機械歌姫──
歌に込められた祈りは継がれるのだろうか?
そう考えながら書きました。

・spellaliba(すぺらりば、の読みで想定しています。造語に近いです。)
spell(綴る)や、gospel(福音)の語源「spella」と、life(命)の語源「liba」を合わせ、機械の名前としてそうぞうしました。

2020/02/05 メロディに合わせた歌詞を更新致しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

黄昏 街の跡 疎らな木々、躯(むくろ)
西方 煉瓦色 城郭影を為す
文明入り日見て 幾年幾世紀
遺灰も尽きる頃 目覚めた -spellaliba-

人を探せど何処も気配無く
小さな教会はまるで瓦落多場(がらくたば)
愛を記した古い福音書
風に捲られ 誰を待っているの?

瓦礫を踏み 歌うのは
誰ももう知らぬ讃歌

行き交う風 歌を乗せ
砂を吐き 彼方へと響け


黄昏 街の跡 煤けた道独り
記憶を辿るけど風に吹かれるだけ
身体が錆び付けど 言葉が痩せ枯れど
今もこの歌には祈りが宿っている

満ちた月は黄金に耀き
街は今 静かに抱かれ美しい色
独り 傾国の果てで
何度でも何度でも 祈りの歌を今 奏でよう

この教会に祈る人も消えた
然れど尚、瓦礫を縫って光は注ぐ
この身朽ち逝く時まで
何処までも何処までも 永遠(とわ)を夢見て
歌おう 歌おう

初めましてかこんにちは。ふぎと申します。作詞とか。

■作詞担当マイリスト→http://www.nicovideo.jp/mylist/23459188
■みんな載せているついった→http://twitter.com/#!/Imopon_De


雑多なジャンル書きます。めずらしいかなと思う得意モチーフは哲学、ペンギン。あと水回り(プールと水族館)。inspired , Mr.Children , ポルノグラフィティ。

おまけ
■+αニコニコ動画マイリスト→http://www.nicovideo.jp/mylist/33872064

是非ともよろしくお願いいたします。

08.11.09 -

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP