夏空歌(なつそらうた)

投稿日:2010/07/23 16:00:30 | 文字数:298文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ナ ン テ コ ッ タ イ
脱線って本当にあるんですねww
夏がモチーフ?gdgdじゃねーかwww
んで最後無理やり終わらせました
解釈は人それぞれですが「私」は「あなた」を殺してません。途中で「あなたの細い首を」というのはあくまで空で会った時拒否られたら…っていうね。
ああもう本当にリンちゃんごめん

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

儚く散る花火は まるで人の命のよう
青く染まるあの海は まるであの空のよう

あなたは私と進む道をえらばずに 一人で空に 逝く道を選んだ
あなたは私の手の届かない場所で今なにをしてるでしょうか
私を覚えていますか 今確かめに逝きます
*
空への階段を一歩一歩 上を向き歩き続けます 生憎私は弱虫なので あなたに手をはらわれたなら あなたのその細い首を傷つけてしまうはずです
*
嗚呼 あなたの居ない世界は本当に どうしてこんなに醜いのですか?
嗚呼 どうして花火はあなたの命のようにこんなにも早く散るのですか
消えないで 消えないでと叫んでも叶えてはくれないのですね
夏の夜 空に消える花火(命)

はじめまして、サちま♪です。

主に歌詞を書いています。

こんな私でも、友達になってやるよ!な人を募集します……

こんな者ですが、宜しくお願いします<(_ _)>

この前、初めて投稿しました!

粗末なものですが、見るだけでもよろしくお願いします!!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP