リンドウ

投稿日:2021/09/19 19:14:28 | 文字数:682文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オンガク作品にて投稿済み、リンドウの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雪が降る夜更け、あなたの影を辿るわたし。
影鬼のように無邪気に跡を追ってました。
甘い夢のようです。泡沫にも似た夢模様に
いつまでも、いつまでも隣で愛を語るなんて。

不安そうに泣く僕のこと宥める影なんてなくて
自分はもう一人。苦しいほどに刻み込まれ

心のふちの、奥に咲いてた。この花の名を胸に刻んで
「悲しみを知るあなたを愛そう」目の前揺れるリンドウの華。
あの日の私、とても愚かで。わかってました。愛してました。
これからはそう、見守りましょう。ずっと見つめて。ずっと見つめて。

いつの日のことでしょう。夢に出てきたあなたを見て
心の内に秘めていた思い。言いそうでした。
甘い夢見てました。空高く舞った風船のよう
いつまでも浮かぶことなくて。そんな常識すらも

見たくないことと逃げてきた僕のせいだとわかってる。
自分の回りにはもう誰もいなくなった。

心のふちに咲いた花びら、一片ずつ散り逝きまして
いずれ無くなる夢を抱いてる、叶わぬ想い、リンドウの華。
「悲しんでいるあなたを愛そう」この花言葉、僕には似合う。
これからはそう、見守りましょう。ずっと見つめて、遠くの傍で。

熟れた果実は掴み切れずに手のひらこぼれ置いてきぼりで
すくい上げてもすくい上げても、手のひらこぼれ置いてきぼりで

心のふちの奥に咲いてた。この花の名を胸に刻んで
「悲しみを知るあなたを愛そう」目の前に散るリンドウの華。
あの日にもしも、戻れるならば、私はすぐに、あなたを止めよう。
涙が枯れる、それを待つまで、ずっと見つめて、ずっと見つめて。

あなたのもとにいつか行くから

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • リンドウ

    by 沙羅博鷹さん

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP