サンダルに傷

投稿日:2020/06/01 23:07:58 | 文字数:236文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

はだいろの日差しが
とどまる 2Fの喫茶店
おしゃべりの代わりに
氷の残りをまぜる音

手をまねかなくても
わかるよ 奇妙なともだち

サンダルの指をむすんで
たぶん同じこと気にしてる
ぎこちない息のあいだに
平行線 いつも久しぶり


大丈夫 わたしたち
かわらずひとしく似てるもの
8月を待てずに
優しいかたちでぐねる影

ふと思いだしたら
呼んでよ なじみのない街

サンダルの傷を増やして
ぬるい安らぎにふたりきり
親しみの顔で ごまかす
平行線 いつかさようなら

作詞をしています。

[Twitter] http://twitter.com/pierce1228/
よかったら気軽にフォローお願いします。

作詞依頼はいつでも受け付けているので気軽にお声かけください。作品を使用する際には、作品の説明文orタグに「曲募集」とあるかどうか確認お願いします。

現在アイコン⇒/RAM様
他素敵アイコン⇒ざわし様/はさみ様/souonn様/たまごぱん様

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP