【小説】wo R ld's end 12

投稿日:2010/08/26 23:04:09 | 文字数:3,058文字 | 閲覧数:341 | カテゴリ:小説

ライセンス:

またまた二ヶ月以上も放置……;; ほんとすみませんorz
ちなみに、リンの実姉は、Lilyのイメージで……。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「どうしよう……」

 体温計が示した値に、あたしは途方に暮れた。

 レンが倒れるのなんて、少し前まではよくあることだった。自分が芸能界に入ったきっかけも、レンの代役だった。
 別に珍しいことじゃない。
 ここ二年くらい調子が良かったから油断していただけ。雨に降られたんだから、こうなって当然だ。
 あたしが止めなきゃいけなかった。放っておけばレンは無理するって分かっていたはずなのに。

「とりあえず風邪薬……」

 勝手にカイト兄の部屋に入って、薬箱を持ち出す。なんでこんな日に限って誰もいないんだろう。

 いくつかある風邪薬の中から、子どもが飲めるものを手にとって、表示を見る。食後だった。
 台所に行って、冷蔵庫を開ける。昨日の残りが少しあったけれど、どれも病人に食べさせるようなものじゃない。

「こんなとき、どうしてたんだっけ……」

 一緒に暮らし始めてから何年も経っている。
 ここ最近調子が良かったとはいっても、レンがこうなったのは初めてじゃない。
 それなのに、あたしはこういうときにどうすればいいのか、何も知らない。

 いつも、誰かがやってくれていた。カイト兄がいて、メイコ姉がいて、ミク姉がいて、ルカ姉がいて。
 いつだって一番近くにいるつもりだったのに、いざというときあたしはレンのそばにいられなかった。代役で撮影に行かなければいけなくて、帰ってきてもやることなんてなくて。

「うー……」

 なんだか泣きたくなってきたけれど、そんなことをしている時間はない。自分の部屋に戻って携帯を取り出し、電話帳を睨みつけた。

 親。……は、相談しにくい。勝手に芸能界に入ったところまでは許してくれたけれど、グループでの生活には最後まで反対していた。
 半ば家出のように飛び出してきて数年、今では以前と同じように会話できるくらい、関係は修復出来ている。
 でも、親はすべての元凶――親からすればそうなってしまうのだろう――になったレンのことを快く思っていない。

 と、なると。

 あたしは、久々に実姉の電話番号を入力した。この時間なら、いつもは電話に出てくれる。

 でも、今日に限って、何故か実姉は電話の電源を切っていた。

「使えない奴!」

 携帯をベッドに投げ捨てて、隣の部屋へレンの様子を見に行く。やばい、熱がさっきより上がってる。

 レンの親も、グループでの生活には反対していた。今でも、たまにこの家に押し掛けてきて、カイト兄ともめている。
 急に、レンの親の気持ちが少しだけ分かった気がした。

 台所に戻ったものの、おかゆの作り方も分からず、ただ冷蔵庫を開けたり閉めたり。

 結局、また携帯電話に手を伸ばす。

「カイト兄とミク姉は……まだ撮影中か。となると……」

 手が止まる。でも、迷っている場合ではない。

『リン? どうしたの?』

 受話器越しに聞こえた声に安心してしまって、あたしは泣きそうになる。

「ルカ姉ぇー……」

『え? なに?』

 戸惑った様子のルカ姉に、なんとか事情を説明する。
 高速道路で移動中らしく、雑音混じりではあったけれど、ルカ姉は的確なアドバイスをくれた。

 言われた通りに、なんとか食べ物らしきものを完成させて、二階へ運ぶ。途中で何度かお盆を落としそうになったけれど、なんとか無事に辿りついた。

「どう? 食べられる?」

 レンを叩き起こして、支えながら座らせた。

「……お前、なんか焦げ臭い」

「悪かったわね」

 文句を言いながらも、一応レンは手を伸ばした。

「……お前がつくったの?」

「そうよ」

「お前にしちゃまともな方じゃねぇ?」

 よくしゃべる病人だ。でも、レンのそんな様子に、あたしは少しだけ安心した。

「まずいけど」

「悪かったわねっ!」

 ゆっくり、ゆっくりとレンはスプーンを口に運んでいく。

「お前、俺の好みの味くらい知っとけよ」

「知ったところで再現できないよ」

「だろうな」

「……そこは否定してよ」

 レンを見ながら、好みの味かぁ、とあたしは考える。
 そういえば、レンの好きな食べ物すら、あたしは知らない。昔は知っていたけれど、今は違う。
 でも、あたしの好みの味を、レンはよく知っている。レンが料理担当のとき、いつもレンはあたしの味覚に合わせてくれる。

 別に、女の子は料理上手じゃなきゃいけない、なんてあたしは思わない。
 でも、好きな子のために料理をつくれたら、それはとても楽しいことだと思う。
 誕生日ケーキとか、バレンタインデーのチョコレートとか、作って渡して喜んでもらって。一度くらいは、あたしだってそんな経験をしてみたい。レンが好きなチョコレートは、あたしが好きなものよりも、多分苦い。

 まずいと文句を言いながらも、レンはなんとか全部食べて、薬を飲んだ。

 レンを寝かせ、食器を片づけようと立ち上がると、突然服の裾を掴まれた。

「なに?」

「……玄関、鍵かけたか? ガスの元栓も確認しとけよ。焦がした鍋は洗わなくていいから水につけとけ」

「うるさいなぁ……病人は自分の心配だけしてなよ」

「心配してどうなるんだよ」

 レンは、呆れたように言って、掴んでいた裾を離した。それが、ほんの少し、寂しかった。

「おやすみ、リン」

-----

「なんか臭い……」

 帰ってくるなり、ミク姉はそう言って眉を顰めた。
 ミク姉がまとっている控えめで上品な香水には、その値段ほどの防御力はなかったようだ。

「リンちゃん、焦がすのは仕方ないけど、窓くらいあけようよー」

 ガス漏れてないよね、と失礼なことまで言いながら、ミク姉は換気扇のスイッチをオンにして、台所の出窓に手を伸ばす。
 でも、わずかに届かない。
 位置が高いわけではないのだが、調理台の奥にあるから、ミク姉の身長では開けられないのだ。

 少し遅れて家に入ってきたカイト兄が、ひょいとその窓を開け、それが気に食わなかったらしいミク姉と口論になる。

 ……なんか、平和だ。
 あたしはソファに寝転がって、そんなことを思う。

 このままの日常が嫌だと思った。変わってほしいと思った。それは、世間の見る目や自分の立ち位置に対する不満というよりも、たった一人との関係に対する疑問だった。
 でもあたしはどこかで、どうせなら世界すら変わってしまえばいいと、そう思っていたのかもしれない。

 ふと、視界の端に携帯電話が入った。あたしはそれに手を伸ばし、なんとなくルカ姉に電話をした。

『ちゃんとつくれた?』

 うん、ルカ姉も普通だ。全部全部、昨日までと同じだ。そして、それはすごく幸せなことなのかもしれない。

「うん。ミク姉たちも帰ってきたよ」

『声がするから分かるわ。喧嘩するほど仲が良いっていうけど……うるさいわね』

 その奥から、酔っているらしいメイコ姉の声もした。確かにうるさい。
 あたしとルカ姉は、くすくすと小さく笑った。

「……ねぇ、ルカ姉」

『なに?』

 あたしは、なんとなく、携帯電話を握り直した。

「ありがと。色々と」

 映画のことは、やっぱり悔しい。認めたくなんてないし、見たくもない。
 でも、やっぱりあたしは、ルカ姉が好きだ。皆と一緒にいる、このままの日常が。

 ――でも。
 それでもあたしは、ずっとこのまま、なんて嫌なんだ。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP