22世紀は見られない

投稿日:2019/06/25 00:49:12 | 文字数:345文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

妬みを肥やしにした花に水をやりましょう
怪しく光る月の重みを背に受けながら
生命(いのち)は自然に抗い ジジババも有難くない
青年が噛みつく相手も特にはいない

ああ それでも燻る好奇心
22世紀は見られない こんなに悲しいことはない
それでも奮い立つ克己心
22世紀は見たくない そんなに眩しいものじゃない

嫉みを裏地にした外套を羽織りましょう
醜く揺れ動く我が心隠すように
現在が歴史に変わる瞬間(とき)を見てみたい
哄笑も罵声もいずれ一つの点になる

ああ Can I ask you? 尋ねる権利ある?
22世紀は見られない こんなに淋しいことはない
Can you excuse? 答える義務がある
22世紀は見たくない そんなに眩しいものじゃない

そんなに眩しいものじゃない

右も左もわからぬよ。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 22世紀は見られない

    by 1002pさん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP