ゲルニカ

投稿日:2017/06/10 22:06:46 | 文字数:223文字 | 閲覧数:149 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

窓越しの
陽は淡く
やわらかに
包むような
朗ら

犬が猫が
紺碧囀る鳥が地の音を聞く
虫が報せた朝

行き交う賑わい
織り成し描く
縁取れぬ幸は楽園を誘う

石床を
裂き揺れる
花は
唯一つ
鮮やかな
空へ
息衝く

急な
俄雨

予報外れ
生憎さは肌に塗れて

叩き落ちて
弾け飛んだ
錆びて苦い
熱望

伸ばした手は
捩れたまま
灰の靄に
紛れ

鳴り止まない
自鳴琴は
歪みだけを
奏でながら

全ての色
奪いながら
軋む音が
更けるまで

作詞してます。御用の際はメッセージでどうぞ。
歌詞を使う際は、作詞に出来立てオスカルとご明記下さいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ゲルニカ (off vocal.)

    by nokkenさん

  • 【初音ミク】 ゲルニカ 【オリジナル曲】

    by nokkenさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP